http://ley-line.info 活動の中で時々書き記す日記・・・
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Blogお引っ越ししました・・・。
うまく出来てませんが(=∀=)以下のアドレスに引っ越しました。
今後はこちらで宜しくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/leyline-blog/
スポンサーサイト
page top
よっちゃん
ピレのレン君か、バーニーズのよっちゃんか、というお見合い兼お届けはまさかのまさかの!



よっちゃんが選ばれるという....
よっちゃん、すまね~~



正直なところぉ~絶対、レン君だろうと思い込んでたからちょっとびっくり。




1年もいたよっちゃんを置いてくることになるとはーー!!!!
いつも、もしよっちゃんが卒業することになったら、と想像してた。



寂しさと嬉しさが入り混じりメチャメチャ泣くやろなぁ~みたいな。




運転とかしてる時にボーッと考えただけで涙が出たり入ったりもしてたのに。
けど、あまりにもまさかの展開で涙も鼻くそも出なかった感じ



里親さんは大型犬の飼育は初めてなので、6歳以上の落ち着いた年齢の子を探してるって。
シニアでもいいねんって。


なかなかそんな事を言ってくれる人は少ないので、その考えって素晴らしいやないのぉ~って伝えたら、ある人から言われたと




シニアになり落ち着いてるということは、一緒に居られる時間が短くなるということで、最初は若い方が良いと思ってたけど、その気持ちをある人に言ったら『そんなことは、犬には関係ない』って返されたと。




その言葉を聞いて、ほんとそうだな!と思ったと




素晴らしいわ、ほんまその通りやと思う。なんかジーンときちゃった~



でもさっ、やっぱり帰り道なんとなーくしんみりしちゃったりしたわたす




いやいや。

わたすらしくもないわぁ~


ヨシオ、元気で~~~

達者でなぁぁぁぁあ~~~

そんなんゆーて帰ってきたりしそうな気したりして。。。








......で、やっぱ帰ってきたで。あら



めちゃめちゃ頑張ってくれはってんけど、やっぱりあかんかったみたい。


気難しいやっちゃな~~


よっちゃん。


あと少しで自分だけの家族ができて、ヤキモチばっかりやかんでええし、いっぱいいっぱい甘えられるとこやったのに。
あんたはほんまにアホゥやなぁ。





んなわけで!また我が合宿生活はじまり。


LEY-LINE

http://ley-line.info
page top
さよなら大福くん
ずっと新しい家族を探してきたダルメシアンの大福君が昨晩逝ってしまいました。
小さくなって我が家に.....。





お葬式にはRowanママもRowanも隊長も、そして大福の名付け親でずっとサポートしてくれたチョチョママも来てくれて皆んなで送り出したよ。





死因は不明。
ケアファミリーのRowanママがすぐ病院運んでくれたけど間に合わなかったて。
前にレントゲン撮ってるけど何もなかったし、これからがスタートだと信じていたのに。
先生が言うには血液の病気だったとのこと。見つけられずごめんね大福。
ごめんね。





本当に何がなんだか。。。





大福は多頭飼育で世話が出来ておらず、友人がレスキューしてくれた子。





うちに1カ月ほどいて、Rowanとこで5ヶ月。とても良い子で皆んな大好きだった。家族が見つからないのが不思議で仕方なかったけど数日前にやっと会いにきてくれる人がいてお届けも決まっていたのに。
とても温かいご家族でこれからどんな楽しいことがあるかワクワクしてたのに。




本当に残念。




でも、クヨクヨしてももうあの子はいないし出逢えたことに感謝しよう。





ダニー。
いつも明るくて穏やかで誰とでも仲良くできて最高の犬だったよね!






レスキュー前。
友人からの画像。





到着した日。











体中、カユカユだった日々。





でもいっぱい愛されてどんどん楽しいこといっぱいして綺麗になっていってくれたダニー。

































ありがとうね!
また会おう!











LEY-LINE
http://ley-line.info
page top
新年あけましておめでとうございます





どんちゃん行きました~!




昨年の事ですけど




東京のご家族やけど、熱海にワンコの為に別荘持ってはってそっちやったら多少近いんちゃうかゆーてくれて熱海へ行ってきた~




ワンコ達のおかげで、ほんまあちこち行かせてもろてますけど熱海は初めての体験~





と言っても、助手席で寝てばかりの息子を横目にただただ走り抜ける感じなんですけど~





この海を見下ろす高台にどんちゃんが行く別荘があるんやて~
すっげえ~





ママが駐車場までカートでお出迎え~





天気悪いから見えんけど、あそこが海





ほんま~
お坊ちゃまやな!どんちゃん!




美しいママといついつまでも幸せにな~





帰り道は土砂降りで同行チームもトイレ休憩の度にベッシャベシャなったけどよぉ頑張ってくれたな!
写真1枚もないけども。。。
悪いな~。。。






それにしても、どんちゃん




大どんでん返しの犬生!
LEY-LINE No.2と呼ぼう!




No.1って誰?
という質問が、たった今きましたのでこの場をお借りして発表いたします





そりゃ、あーた、なんと言っても.......





このお方でしょう~












ビヨ~ン
ともぞう~
ダントツ永遠のNo.1やぞ、やっぱ。




錆びた首輪で、毛もパッサパサで、耳ダレ出て、暑い中、殺処分寸前でグッタリとコンクリートの床で諦めたように寝てた子。





それが今はダンヒル様と呼ばれ、ママのベッドで抱きしめてもらって眠ってるなんて





どっちも殺処分ギリギリやってん
ほんまに良かったな









で!
その翌日は、マヌカハニー色のマヌカちゃんお届け~
隊長が預かってくれてたから、現地集合やど~。





優しいパパとママに撫で撫でしてもらってうっとり~




こりゃまた幸せなるわぁ





里親様&隊長様、ほんまにお世話になりました!ありがとう~






ほいで。





ん?なんだ?このモジャモジャは?







クマのんこと子熊です




ほんま、可愛い~




お座りしてシッポぷりぷり振って見上げられたらもぅたまらんくて、つい抱っこばっかりすんねんけど。




本犬は、ほんまは抱っこ嫌いやったみたい。あんまし人に可愛がられてなかったんやね~。
撫でられたりチューされたり、抱っこされたりしてもらってなかったんや。
体触るとカチコチなってロボットダンスしてるみたいなってた。




抱っこして頬っぺたにチュッてしたらガタガタ震えてたけど。。。




最近は抱っこしよっかって言ったらとびついてくるようになり、撫でたら目をつむって気持ち良さそうな顔するし、チュッてしたら照れくさいような嬉しいようななんとも言えん表情する。
犬もチューが人間からの愛情表現ってすぐ理解するよな~

抱っこしてユーラユーラしてたらなんと眠り出すのだ~





ほんま、犬は偉い





すぐ受け入れてくれるもん。






それがこのクマのん
保護当日、預かってくれる予定のケアファミリーさんとこに連れて行ったんやけど。
そこのワンコと軽くトラブルになってん。
ほんま軽~く言い合いになっただけやのにクマのん恐怖でパニック




ほんま軽~く怒られただけやのにひとりでギャウギャウ言うて、なんや口ん中バッサリ切れて~
大量出血ー





その近くの病院開いてなくて、結局うちのご近所の病院まで走ることに~
年末やしメチャ渋滞






バリケンの中も血がいっぱいやったから舌でも切ったか思って焦った!
いやいやいやいや、舌切ったらもっと出血するやろしちゃうゾー。
ほんならなんや?
血小板が少ない病気とか?
え~なんなん~




クマのん、生きてくれ~




ク~マぁぁぁああ~





みたいな。





でも先生
「あぁ、歯ぐきやな。」てアッサリ
冷静かつ正確な治療で鎮静かけて縫合。
他の悪い歯も抜歯。
血液検査と点滴とやってもらった~





初日からビビらせてくれるわぁ。




ま、たいした事なくて良かった!
ちゃんと見といてあげなあかんかったな、ごめんね!




そんな事もあり、割と神経質な子なんかなぁと思ったけど全く心配ご無用で。




のんきで平和。
素朴なヤツやったわ。




本日.去勢手術。
私が明日、神奈川にお届けあるから本日よりケアファミリーのお気楽母宅に移動するよ~





抱っこしてるからちょいウトウトしてきてるとこ





よっちゃんがヤキモチ焼いて、クマのんイビリ始めたから抱き寄せる。。。
クゥ~ンてこれまた可愛い声だすのだよ~
もぅほんまヤバイわ~






あ、よっちゃんも可愛いよ






よっちゃんは、なんか変な咳するからほんま不安でレントゲン撮ってもらった。
昨年、我が子を肺癌で亡くしたとこだからね。
そっくりな咳するからドキドキ。




結果はなんともなかった
フィラリアも治療していってるし今のところすぐどうこうって事はないでしょう!って




はぁ~良かったぁぁ~。







ほいで。
またまた話は突然変わりまして~。






ポメラニアンのロイ君~
1歳~






ミックスのアトム君~。
5歳~






ミックスのサンタ君~
推定2歳~





この子達、新メンバー
どの子もそれぞれにイケメン。
秀樹&ひろみ&五郎とかにした方が良かったか。





ま、それでも既にポメラニアンのロイ君は迎えてくれる家族が見つかり、お届けはお気楽母が行ってくれることに





スピード卒業。
おめでとう~
お気楽母~ヨロシク





ほいで。
(かなり遅れてるのでとばしてます~)





ドッカ~~~ン





2~3ヶ月のダルメシアン~
なんでや。
なんで




友人から里親さん見つけてあげてほしいっっって。





家族の相談なしで購入してしまったものの、奥様は絶対に認めないと言い、他の人に譲渡。
でもまたそこでも何故か揉めて行き場がなくなったと.....




で、今回のご縁は私が信頼する友人のご紹介でこちらからお願いして快諾




先日、早速お届け行ってきた~






こ~んなワンちゃんがいるご家族。
可愛い過ぎて連れ帰りそうになった~





でも、うちの家では玄関入らんか。。。
いや、車にも乗らんかも。。。






どっひゃ~可愛い~






おわ~っ、ちっこい!





こんな、ちっこい体でえらい目におおたなぁ。
でももぅ心配要らんしな。





幸せになるんやでぇ~





ではこの辺で





神奈川県・埼玉県のご家族がゴールデンさん達お迎えしてくれるので本日発でまたまた行って来まぁす
またご報告いたしますですでございます~





LEY-LINE
http://ley-line.info





























page top
マキは立派な最期を見届けさせてくれました




マキ。


50頭近い群のボスだったオス犬。


さすがに厳しくもあった。
しかし常に落ち着いていて、寛大で、大らかで、優しく包容力がある。
まさに偉大そのもの。



もし、マキが人間なら!



大岡越前みたいな男やな。
加藤剛ちゃうよ!
大岡越前やで
ええ男や!









そんなマキとも
やはり、別れの時が。。。




亡くなる数日前のマキ。



急性腎不全で一度は諦めかけた命。



それでも、マキの生命力のお陰で戻ってきてくれたから。
一緒にいろんな所を歩きたい。
多くの事を語りたい。
もしかしたらあと1年くらいは大丈夫かな?と期待して手作り車椅子を作っていたのだけど。。。




7月28日、午前10時28分にマキはアッサリと逝ってしまいました。。。




数日前より食べ方に力がなくなってたし、トイレの為に私に担がれて外へは行くものの後脚だけでなく、前脚ももうガクガクと震え自力で立っているのは厳しいようだったから。



きっと、マキの事だから、もう永くはないだろうと覚悟はしていたんだ。
もう自分自身の最期を決めてるんじゃないかな。って。





だから。。。




亡くなる前々日。
意を決して、元の飼い主に連絡。
マキが永くない、しんどそうだけど、あなたに会いたがっているから会いに来てやってほしいと。




夜勤明けのまま寝ずに会いに来た元の飼い主に、マキは寝そべったままジリジリと顔を寄せ、まるで挨拶するかのように、その膝に頭をつけていたよ。




会いに来てくれてありがとう。
と言ってるように。。。
そばに頭を置いてスヤスヤと眠るマキ。




詳しくはややこし過ぎて説明できんけど。てか私もよく分からんのだけど
レスキュー後も、そりゃもうゴタゴタして、元飼い主に連絡したり会ったりする事はいろ~んな意味で勇気のいる事だったけど。




最期くらいマキの意思を尊重したいと強く強く強く思うから。




マキと名付けた人。
何故、マキと?
と聞いてみると.......
「当時、牧場王が流行ってたから。」
とかなりズッコケる理由には、あぁ世の中には聞かない方が良い真実もあるのだとハッキリと確信した。。。



マキはお別れが言いたかったんだと思う。来てくれるのを待ってたんやな。
再会した翌日にはすっかり旅立ちの準備を始めたみたい。




でももし、点滴を打ち続ければまだ命は続いたのかもしれない。



けど、老齢の上に、心臓も腎臓も弱く、もう歩けない。
ただ、苦しめたくないだけなのに、これは延命になるのか?
延命は彼の望む事ではない?




マキ、どうしよ?
わたし、どうすれば?




マキからの答えは.........








「いいよ。」って。




マキは私が気の済むようにすれば良いと。
本当はもう楽になりたいけれど。
何かしても良いし。
何もしなくても「いいんだよ。」って。




全てはただ受け入れる事ばかり。




分かったよ。マキ。
ありがとうな!
脱水状態はしんどいので、そのようにはならないよう、水分点滴だけな。
買っておいて良かった。



準備しようとガサガサして戻ってくるとマキが布団から降りて玄関の方へ行こうとしたような位置にいた。
粘膜の混じった便が出てる。




まだトイレへの為に外へ行こうとしたんやな。ほんまに気丈やな。




布団に戻して顔を覗きこんでみる。
マキの瞳が私を見てるのに、通り越して遠くを見てる。
どんどん眼球が上にあがっていく。




そのまま、歩くように四つ足を動かし、ゆっくりゆっくり首を上に反らし、静かに息が止まっていく。。。




ホッとしたようにも見えるが、それは私の錯覚で、マキはきっと「無」なんだろうなぁ。





今回もまた、犬達には教えられる事ばかり。。。




マキにとって、あの糞尿の山しかない所でも自分の城だっただろう。




そこに守るべき群れがあった。




私はマキからすれば、なんの説明もなく自分の大切な群れの一族を引き裂いた人間なんだ。




でも、恨む事もなく、今ある現状を受け入れ許してくれている。




でもやっぱりマキの同志は元飼い主なんだなー。
12年間に起こった出来事など聞いてると立ち入れないものがある。。。




マキの気持ちは分かっていても、あなた達は野生じゃないから。
どうしても、絶対にあんな所においておくわけにはいかない、という事に変わりはないけれど。




それでも彼らの気持ちを最大限に汲み取って、心から敬意を持って接したいと思った。




私は、彼らのようになりたい。
学びたい。




何か行動を起こす時は、出来る限り
「彼らならどうするだろう」
と考えるようにしている。




恨みや憎しみに包まれず、ただ平和に日々を過ごせるようになりたい。




自分の周りに起こる現実は自分自身を映す鏡だと考えるようにしてる。




まず、自分自身が平和で良心的で、肯定的であれば、周りもそのようになるのではないかな。







マキのいた所はボルゾイ達は建物内と外の庭を自由に行き来できたから良いものの、イタグレさん達は3/4が糞に埋れたバリケンの中に這いつくばって生きてた。。。
いや、生かされていた。。。




どれほどの年数を諦めと退屈の中で生きていたのかな。




今回、うちで生まれたベイビー達もお腹からウジャウジャと虫が出てきてる。




あそこで生まれていたら死んでいたであろう命。




どれだけ考えても正当化できるわけもなく、何故、そんな事が出来たの?!って胸ぐら掴み揺さぶりたい気持ちが湧き上がるけど。




犬達はただ今を生きてるんだな~。




元飼い主は帰り際にポツリとこう言った。
「今の僕がこんな事言うと笑われるかもしれないけど、いつかあなたの活動を手伝えるようになりたい。」て。。。






マキ、本当にありがとう!
あなたのおかげで一人の気持ちが動いたんだよ。。。






電話すると泣きそうだから、隊長にメールで連絡。
無理言ってすぐにお別れしてきた。





ケンが眠るあの場所.........。
何も言わない隊長。。。




私の気持ち察してくれてるやな。
本当にありがとう








ほいで。




先日はコニーさんとこと、ザラを預かってくれてた真理子さんと、いっつもお世話になりっぱなしのレイキの師匠が我が家で集まり~。
飛び入りのお客様も団子持って来てくれたけども、写真ない





コニーさんを預かってくれてるシルフィママがマキの写真をメチャメチャ凄いのに入れて持って来てくれたし!
手作りなんやと~
すっげえ~。

真理ちゃんからは大きな花も!!!
高そ~
すぐお金の話!!やらしいゾー





ほいで、わたすのレイキの師匠から!



手作りで作ってくれて、毎日持ち歩いて募金活動をしてくれた!
あったかい気持ちがいっぱいいっぱい詰まってて言葉では言い表せない感動




嬉しいなぁ~




ほんまに、ほんまにありがとう~





犬達が亡くなると、なぜかいつも歌が頭によぎるんだけども。




マキさんはこの歌。




私のお墓の前で泣かないでください
そこに私はいません
眠ってなんかいません

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹き渡っています


秋には光になって
畑に降りそそぐ

冬はダイヤのように
煌めく雪になる
朝は鳥になって
あなたを目覚めさせる
夜は星になって
あなたを見守る

私のお墓の前で泣かないでください
そこに私はいません
死んでなんかいません

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹き渡っています

千の風に
千の風になって
あの 大きな空を
吹き渡っています

あの 大きな空を
吹き渡っています






LEY-LINE
http://ley-line.info










© 「LEY-LINE」. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。