http://ley-line.info 活動の中で時々書き記す日記・・・
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
おじいちゃん
おじいちゃんの入れ墨は、どこのものでもなく、おそらく元飼い主がただ悪戯で入れただけだろう、との事でした。

今は警察犬なども耳への入れ墨が虐待に当たるとして入れないそうです。

おじいちゃんの過去はサッパリ分からないけど、本犬は淡々と、ただただ日々生きてきたのだろうと思います。

あまり人にベタベタしない方だけど呼ぶと一応わかってるみたい。

ヨチヨチと時間をかけて近づいてくる姿は本当に愛おしくなってしまいます。

他のコ達6頭はいっぺんに皆で散歩行ったけど、まさかおじいちゃんをその群れに入れるのはかわいそう

町内をゆっくり歩くくらいしか無理です

草花の匂いを楽しんだり、道路舐めてみたりしながら、トイレして、ゆ~っくり歩く。


行こか、と言われたら行くし



差し出されたら飲み



帰れば扇風機の前を陣取って寝る



すぐにイビキをかきはじめます


吠えることもないし、本当に穏やかな、癒し系じぃちゃん。

なんだか全てを受け入れていて「悟り」というのかな....
さすがだなぁ~って思います。
スポンサーサイト
page top
どこから来たの?
穏やかなおじいちゃん。

期限が切れても元飼い主は現れず。
年齢的にも間違いなく譲渡対象にはならないと思われるコ。
縁あってLEY-LINE合宿所に来ることに。
女の子って聞いてたけど行ってみたらおじいちゃんでしたわ

画像ではビーグルMIX?と思いながらお迎え行きましたが会ってみると耳に入れ墨が
調べてみると今日本で入れ墨管理する所の番号の桁数とは異なるみたいで元飼い主を探すことは出来ないみたい。

4桁の英数字。
海外から持ち込まれたのかも、と言われましたが見覚えのない風貌で全く犬種も分かりません。

毛は散髪したような感じやし、迷子なの?
どこから来たの?
名前は?
家族は?

って聞けたらいいんですが。。。

でも錆び付いた首輪からは可愛がられていたようには思えない。

このまま帰らない方がこの子のためなら探さない方が良いのかな。。

でも、少しでも過去が知りたいからもし犬種に詳しい方がいたら、これちゃうか???っていう感じでも良いので教えてください

フィラリアは陰性でした

ヨチヨチ歩き、人にも他犬にも穏やかに接してくれるおじいちゃん。


これからそんなに長い時間は一緒にいられないかもしれない...

アウトドアな楽しいドッグライフは無理やと思う...

でも、もし、もし、この子の最期を家族として部屋にそっと居させてくれる人がいたら。

本当に嬉しい

この子の過去は分からないけど、偶然が偶然を引き寄せて、たまたま助かったノミの大きさほどのチャンスを手に入れたおじいちゃんです。

きっとあなたに大きな大きな何かをくれると思います







page top
予告の「柴犬」くん
先日の予告柴犬くん。

無事に引き取りしてきました。

手続き済ませ、迎えに近寄ると「早く、早く!!!」とシッポふりふりです

嬉しくて、ルンルンでついてきてくれとっても可愛い柴犬君。
いやぁ〜迎えに来るの分かってたのぉ?


でも...


車が走り出した途端に怖いのかどこへ連れて行かれるのかパニックなのか、 なんとも言えない悲鳴をあげ出した

大丈夫大丈夫と声かけても耳に入らないようでバリケンの中でがさがさしてる〜。

そのうち、なんとも言えないフードが発酵したような香りが


そして更に芳しい〜匂いが。


そして更に更にジャーという音も...


つまりですね、ゲロゲ〜ロに脱糞、失禁です。。。

窓全開で走りたいけど、それはそれは恐ろしい声出してるから。
それ犬の声ちがうって〜

オランウータンでも密輸してるんちゃうか思われたら嫌やし、信号で停まるたびにメッチャ注目されてるから恥ずかしいし窓閉めて走った。

そのまま病院行きたかったけど、今のままでは無理!!!!!ってわけで一旦連れ帰って洗うことに。

体も、何故か鼻のまわりもウンチだらけ〜

バリケンと柴犬君洗って、ちょっと落ち着いてから病院へ。。
洗われるのは好きではないみたいやけど、怒ったり唸ったりすることもなくとっても良い子の柴犬くん。

走るとまた叫んでるから、やっぱり車に乗り慣れてないんやな。

とっても男前の柴君やけど意外に三枚目で天然。。
病院で隣にいた女の子に鼻の下のばして近づいたら怒られて、あたってもないのにビビり過ぎでひとりでひっくり返ってるし

面白い!!!!!!!

心配だったフィラリアは......

陰性です

あ〜よかった。

無事に預かりのボランティアさん宅に運んで里親さん探すための仮名を「太郎」と付けてもらいました

とっても良い子なんですが。


何故か何故か、1枚も写真写すの忘れてるんです
10年ほども同じことやってるのになんで写してないの???

自分でも何考えてんねん、と信じられません

すみません〜〜

また写しに行ってきまぁす

page top
黒ラブのミクちゃん
黒ラブの未来(ミク)ちゃん
推定1~2歳。

処置が出来てなかったみたいで出血と化膿が酷い
ガチガチに巻いてあるテーピングを取ってみると3~4cmほど皮膚がなくて剥き出しのまま。。。。。。。

切っただけやったんや。

上からガーゼが貼ってあるけど黄色いような茶色いような液体でドロドロになりくっついて酷い臭い。


これは......とてもじゃないけど画像は見せられません


とりあえずそれを取りはぶき、消毒して綺麗なガーゼに取り替え、息子の靴下を履かせてテープでとめてみた。
でもすぐに血が滲む......

未来の足を診てもらうのと、新メンバーのフィラリア検査の為病院へ
ここの病院はフィラリア検査結果は数日後に連絡がくるのでドキドキで待つことになるのだが、未来の足はやっぱり再手術が必要らしい

剥がれた皮膚が再生することはないので、それより上まで皮膚を残して切断。そして皮膚を合わせて包む形で縫合する感じ。それが出来たらだいぶ楽になるんだと思う。

人間なら泣き叫ぶほど痛いだろうに我慢強いね、と先生や看護士さんからいっぱい褒めてもらいました。

これから毎日、ガーゼの取り替えとパウダーの抗生剤をふりかけて痛み止め飲んで少しでも不快感のないようにしてあげたい。

痛み止めの注射をしてもらって、少し落ち着いたのかな。
よく眠ってます

今週は予約がいっぱいなので来週の頭に手術予定です。


綺麗にしてもらった








今もオヤツの音が鳴ると3本しかないのに誰よりも早く私の方まで走ってきます
さすがラブやなぁ

今はまだ感情を表しませんが普通に生活出来るし、もっと信頼関係を築くことが出来れば本当に素晴らしい子です。
これからの犬生を共に過ごしてくださる方が一日も早く見つかりますように......
page top
新しく募集するコたち
昨日、引き取った犬達。。
検査がまだなので募集ページには後日になります

黒ラブの女の子「未来ちゃん」
名付け親は隊長です


某センターからギリギリ救い出されたコです。地方で一人で活動されてる女性から引き受けました
何故か足の先が損傷していて放っておくと壊死してしまうのでセンターの獣医さんが切断処置。。
期限が来ても元の飼い主さんも、新しい家族も現れず処分対象となってしまったそうです。
引き取らなかったら今日はもういない。



まだ若く優しいコなのでもう一度チャンスを...と願い「未来」と名付けてもらいました~


そしてシェルティの「シェリー」

繁殖場から救い出されたお母さん。
4歳の女の子です。とっても良い子



チワワの女の子

この子はいっつもお世話になってるお気楽母さんファミリーに里親さん見つかるまでの間、預かってもらうのでこちらで名付けていただこうと思います



シーズーちゃん

小さくて甘えん坊ですぐに膝に乗ってきて、とっても可愛い
この子も毎度お世話になります一時預かりをしてくださるベテランボランティアさん宅に移動予定で~す



昨日は朝出て地方まで引き取りに行き、途中隊長とこに寄り、綺麗にしてもらい(あ、隊長、ワンコの散髪もうまいんです)
更に移動してもう1件の犬の引き取りがあったため、帰るのがたぶん夜になるだろう、って事で他のコ達も同伴です


隊長に散髪やら、食事やら、何から何までお世話になった後は恒例の山のお散歩



みんな、朝からよく頑張ったね~。
いつも支えてくれる隊長と夫と子供達、そして何より犬達に心から感謝しつつ鼻唄うたいながら帰ったよ


合宿所に戻り、みんな、それぞれの場所でゆっくり出来てるみたいで良かった


どうか、どうか、新しいご家族に見つけてもらい幸せのお裾分けもらえますように.........









page top
☆予告☆
来週中に引き取る予定のワンちゃん

とは言っても画像があるのは彼だけ・・・
すんません

File3.jpg

男前の柴犬君です!
心ある方に気にとめてもらい命繋がることになったラッキーBoyです。
わたしは今はまだ会ってないし病院にも連れて行ってないので詳細は不明ですが


他に大型、中型、小型、子犬が予定されてます。


み〜〜〜んな、ほんの一握りのチャンスを手にできる運のある子たち。
随時、募集ページにアップしますので皆様よろしくお願いいたします。

page top
飼い主に保健所へ持ち込まれたレオ君
生後半年の頃に元飼い主が保健所へ連れて行ったミニチュアダックスの男の子。

性格がとっても良く、人なつこく可愛いコなので処分するにしのびなく、某所でも職員さん達が懸命に譲渡会などで新しい飼い主を探すも、なかなか見つからなかったそう。

まだほんの子供で無邪気に家族に甘えていたであろうレオ君。

突然、飼い主さんから
「飼えなくなったからごめんね」と突きつけられ、連れて行かれた所は保健所。きっとそれが何を意味するのか利口な子はすぐに理解してしまう。

毎日毎日、寂しくて泣いていたんだね。目がつり上がってしまうほど不安で誰も信用出来なくて、いつ自分があの小さな箱に入れられて最期になるのかって考えたら恐ろしくて。
一夜にして、ストレスで全身に湿疹が出来て皮膚が剥がれ、毛もボソボソと抜け落ちてしまった。

良い子なんだけど、こんな姿では新しく飼い主を見つけるのも難しい、と処分対象に。。

迎えに行った時のレオ君は痩せこけて掻きむしった身体から血が滲んで本当に不憫だったよ。。

それが5月のこと。

今、LEY-LINEとは長年のお付き合い、大ベテランのボランティアさんに預かってもらい3ヶ月
とっても綺麗なダックス王子になりました~


朝の公園で。


今はそのボランティアさんが帰省中なので合宿所に戻ってます


人が大好きで子供も他犬も、何もかもが大好きなレオ君。




いつもテケテケと音をたててついてきます





ソファで息子と.....



寂しがりやさんなので、留守番が少ないご家族からのお迎えを希望してます


そして、一緒に帰省してきたのが小さな小さなヨークシャテリアのロッシちゃん

こんな小さな体なのに、ペットショップに卸す繁殖現場からやってきました。こちらの合宿所には、はじめて来るので何もかもが怖いみたい。
声をかけても体を丸めてクルクル回って逃げ場を探してます。

本当は甘えたいから常に近くにはいる感じ。






早く、安心してゆっくり眠る事ができる安住の住処が見つかればいいな

フィラリア陽性だけど、今まで人間の傲慢さの中だけで生きてきた子です。

完治するまでケアしていかなければなりませんが、犬達への恩返しの気持ちでこの子を迎えていただけたら、と思います。。。

温かいご家族からのお迎えを心待ちにしております
page top
アル君の変化
小さな物音にも飛び上がるほどビックリして、いつも挙動不審だったアル君。某所では恐怖のあまり、他犬には誰彼なしに攻撃的だったらしく。。

シェルターを持たず、保護犬は各一時預りボランティアさん宅でケアしているLEY-LINEとしては、なかなか犬がいないご家族で中型以上のサイズをお願いできる所なく...
お願いしていたボランティアさんが7月から1ヶ月の帰省となりヤバイ~って

狭い合宿所(我が家)も常に犬がお互いぶつかるほどいっぱいなんで、ほんまどーしよーと急遽の募集。
挙手していだいたのは勇敢な女性
この愛溢れる女性に預かってもらってドンドン気持ちに変化が現れ、たった1ヶ月で見事に心開いてくれたようです。しかし、こちらの女性は短期でのお約束だったので8月からの長期預りボランティアさんをまたまた緊急募集する事に

手をあげてくださったのはジーニの里親となってくれた女性でした~
女性強し

そちらに移って1週間。
更にドンドン変化あり、ランでも他の子と仲良く遊ぶようになったというからホンマ不思議
今もジーニと一緒でないと不安気らしいけど一般家庭でのリハビリでこうも変わるんやな

ほんまに預かりボランティアさん方々には頭の下がる思いでいっぱいです!!
感謝ありがとう大好き尊敬します!!

そんな言葉では足りないくらいの気持ちです。。。


保護前、某所にて
目がつり上がってる...


現在の様子
安心してる笑顔ですね

でもでも、今も居候です

どこかにご縁のある方が必ずいると思います。可愛いアルに安住の住処を是非ともよろしくお願いします
アル君、きっと、素晴らしいメッセージをくれる事をお約束いたします
page top
ビートは美女がお好き
こないだ、6月25日実験動物の福祉についての会合へ行った際に東京までの乗り合いで意気投合したえんこちゃんが遊びに来てくれました~。
えんこちゃんはデザインが出来るので、ホームページを一部お手伝いいただく事に...

いろいろ相談しながら、いろんな案が出て嬉しい



えんこちゃん、ほんまありがと~


それにしてもビーグルのビート君。
えんこちゃんのソバを離れません


大好きみたいです



ねー、ねー




僕だけを見てほしいの...


ちょっと、アンタさ~
えんちゃん困ってるやないのさ~




「・・・へ?」





あ~ぁ帰っちゃった
寂しいなぁ~


頑張れビート!!
きっともうすぐ、優しい家族からのお迎えがあると思うよ!!!
page top
川遊び
今年の暑い夏

隊長に犬達と川遊びに連れて行ってもらった~

アイスは短い足でうまく泳ぐけど、他の子達は川遊びというより「おふろ?」って感じでつかってるだけ...

他で遊んでても名前を呼べばすぐにハイハイハイハイ、と飛んでくるのはアイス君
足の届かないところでも頑張って泳いできます!

「アイス~こっちおいで~」

sacoさん呼んでる!!
行きます!!!!!


「なに~?呼んだ~?」

ほんま、ええコやわぁ~



ビートはラブちゃん達を岩がわりにして、とにかく背中にしがみついてるし。。

みんな隊長とこに集まってます


後ろを泳ぐのは息子

ライラも行きましたよ
高い所からも飛び込んで一番若かったライラちゃんでしたが、うまく写せてなくって画像がない

また行くから撮ろうね

1日、いっぱい遊んで楽しかったね。


アイスはこの仲間から一足お先に卒業です。末長くお幸せに...

page top
埼玉娘になりました~
千葉のマナちゃんちを出発し、埼玉のグミちゃんちに向かうも、ず~~~っともの凄い渋滞

トロトロジワジワ・・・・・・・・・

トロトロジワジワ・・・・・・・・・

歩いてる人にも抜かされてますっっ
これが一番しんどいパターンです!!!

その前から運転は、ほとんど隊長なんだけどね すんませーん。

やっと到着したグミちゃんちは、まるでオーシャンルーム~~~
大きな水槽がいっぱいあって、ライトやブクブクなど見た事もない装置が・・・
熱帯魚?にすごく詳しいお姉さんで本なども書いているそうです。

ん~なるほど。カウンターの横には美味しそうなお酒がいっぱい

オシャレなお店みたいです



グミちゃんを迎えるにあたり、名前も考えててくださいました


「アンジュちゃん」です

人が大好きで寂しがりやのアンジュ。
留守番がないように、どこでも連れて行ってくださるそうでホンマ幸せやなぁ~~

anjyu.jpg


ありがとうございました~~

そこからもまた東名がトロトロジワジワいっぱいで大阪に到着したのは真夜中。隊長と息子には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今後ともよろしくお願いします
page top
続き・・・
続きが大変遅くなり失礼しました〜。。。

千葉のマナちゃん宅ではご家族でのお出迎えいただきました。

はじめは、少し戸惑っていたマナちゃんでしたが表情を見ると、全てを理解できてるようです。

マナちゃんちには少し前に虹の橋を渡ったお兄ちゃんゴルの「ダンテ君」の写真がありました。

IMG_0263.jpg
寂しい想いも癒えない時によくフィラリア陽性のマナちゃんを受け入れる決意してくださいました。

ダンテ君が「また行き場のない子を迎えてあげてほしい、今度は女の子だから安心してね」とメッセージをくれ、必ずそういう子を迎えるね、と約束したのだそうです。

IMG_1838 マナちゃん初日
わたしも一緒に記念撮影入れていただいちゃいました


・・・そして・・・
翌日、ママさんから早速メールいただきました

→→→
検査の結果、
そちらでのクスリが効きミクロフィラリアは落ちていることが判明しました。
残るは成虫のみで、今後段階的に駆除していくことになりました。
咳、血尿もないようなので、2〜3年先の完治に期待したいところです。
右耳の炎症は穴が塞がっている状態でかなり痛いものらしいです。
マナちゃんは「がまん強い子」とほめられました。
毎日の点耳薬で、来週再診の予定です。

狂犬病の注射と登録、マイクロチップはそのときに
行ってもらうことにしてきました。

そしてその翌朝。

さて、今朝のマナちゃん
元気に目覚め、夫と40分ほど散歩しました。
ときどき取るアイコンタクトがたまらなく可愛かった様子です。

ゴハンもよく食べます。
少しだけ生肉を混ぜたところ、あっという間に完食です。

ハウスが大嫌いだった先住犬のダンテに比べ
マナちゃんはハウスにいると安心するようです。
家族からは「箱入りマナ娘」とからかわれています。

IMG_1842.jpg


IMG_1841.jpg


IMG_1846修正版


IMG_1847 修正版


IMG_1848 修正版


マナちゃん、辛かった過去はどこかへ置いていっぱい笑える毎日を過ごしてくださいね

page top
マナちゃんとアンジュのお届け
大阪〜千葉〜埼玉へ

マナちゃん千葉
そしてグミちゃん埼玉へ・・・

息子(14歳)と二人でお届け行くつもりにしてたけど、息子が「人生の師」と呼ぶ隊長から
一緒に行ってあげよう、とのお申し出が。もーほんま神さんか!!ってくらいすごい人やな〜〜

「そんなぁ〜、なんぼなんでもそこまで甘えられへんわぁぁぁ〜〜」

「・・・で、何時出発しまふ?」って結局甘えることに。。。

隊長の我が家より大きいんちゃうか?!っていうくらい大きな車で23時大阪出発、早朝着予定でのドライブ。
どちらも犬達を置いて行けないので2頭&5頭&隊長&息子&わたしの3頭・・・

IMG_0261.jpg
隊長とこのラブちゃんとココちゃん。

IMG_0262.jpg
千葉に入った頃のマナちゃん&夢八。ぐっすり。

IMG_0264.jpg
アイスも同行です気持ち良さそう〜〜

マナちゃんもグミちゃんもとっても素敵な家族ができました〜〜〜
(出かける時間がきたので続きはまた・・・


page top
卒業前に・・・
マナちゃん&グミちゃん卒業決まり、息子と甥っ子姪っ子達&他犬たちとお届け前にエナジー補給のために大好きな山へ。

グミちゃんは預かりボランティアさん宅にいて迎えに行ってないので、残念ながら欠席やけど

IMG_0245.jpg
ここのオーナーさんちの庭にあるツリーハウス。トムソーヤ!!
秋は敷物持っていって、ここで昼寝しよ〜〜

IMG_0247.jpg
山歩き♪
みんな、イキイキとします。

IMG_0249.jpg
山に入ったところだから元気。

IMG_0258.jpg
湧き水〜〜〜

IMG_0255.jpg
息子が呼べば走って向かうアイス!かしこい!!


IMG_0251.jpg

IMG_0252.jpg

IMG_0260.jpg

マナちゃん、ずっと私の位置を気にしてくれてます。
ほんま忠犬やなー

これから本当にい〜〜〜っぱい、い〜〜〜っぱいの事を楽しんで青春してほしいなぁ〜
page top
愛しのマナちゃん
ゴールデンのマミー改めマナちゃん。
お別れが近づいてきました。

ようやく、信頼関係が築けつつあり、イビキをかくほど爆睡し、少々の物音では目が覚めないまでに



5頭で散歩行くので、誰かが途中の道ばたでウ●チすると、「ちょっと待ってな~」と頼みながらかがんで、紙とビニル袋で片付ける。
その間もピッタリと私に寄り添い顔を覗きこんでくる。
「姐さん、なんも手伝えませんでホンマすんません」

「いや・・ええよ、仕方ないやん」

「・・・・」

とかなんとか言いながら歩いていく。

公園につくと、いつものメンバーが

みんな優しいし、楽しいし、可愛がってくれるのに知らない人と目が合うとサッと私の後ろに隠れてしまう。

外も早く慣れてくれたらいいなぁ。

それにしても耳のジクジクだけは治してから里親さんに...と思ってたのに、なんか治らないなぁ。
page top
繁殖場の犬たち
チナちゃんの事で知り合った女性活動家から送られてきた画像です。





彼らは繁殖場からレスキューされました。

水面下で動かれているので、まだ詳しい情報は伝えられませんが、ただ一つ言えるのは、間違いなく彼らが産んだ子犬が何度も何度もショップのショーケースに並んでいた、という事です。
子犬達はそれぞれに売れて幸せになっているか、売れ残り繁殖用に戻されたか、実験用に転売されたか、殺されたか、それとも店に並ぶ前に死んでしまったか.....

日本でのペット産業裏側の事を知れば知るほど、半値の半値以下になった子犬をみるたびに胸が騒ぎますが、ゼッタイお金を支払ってはいけない.....

とにかく法律や繁殖場を変えよう、という活動は大切ですが、抜本的に改善する為には日本のシステムじたいを変えなければならない為に時間がかかる。そして法律は必ず抜け道ができる。
この地獄を止める為に一番早いのは儲かるから繁殖する!を変えれば良いと思うんです。
私達一般人がペットショップでペットを購入しなくなれば儲からないからすぐやめるだろうと思うんですよね。

皆で一斉にショップで購入するのをやめれば......それが叶うなら、いよいよ、変わっていくのではないでしょうか。

彼らが産んだ子犬は私達の隣で眠る我が子かもしれない。
彼らは私達が家族同然に愛するこの子のお母さんお父さんかもしれない、と考えるべきだと思ってます。









一人でも多くの方々が知人友人にこの事実を知らせ、ショップで買おうとする人を止めましょう。
page top
キャバリアさん埼玉へ~
キャバリアちゃんに埼玉からお申し込みいただき、ちょうどマミー(新しい名前はマナちゃん)のお届けで千葉県行くので、ちょっと遠いけど、思い切ってその時に合わせてお届け行くことにしました!


預かりボランティアさん宅に移動してるので画像これしかない

新しい家は先住のワンちゃんもキャバリアちゃんなので、非常にこの犬種に詳しく、更にご実家が仕事場なので毎日一緒に出勤するそうで留守番が全くないという環境だそうです

まだまだ、甘え方も分からないみたいだけど、ゆっくりゆっくり、今までの分を取り戻してもらいたいと思います
page top
チワワさんの引き取り~
先日 引き取りしてきました~。

わたし
チワワや思ってなめてました
ポッと出して片手で抱っこして持ってきた入れ物に入れて帰ろう~なんて気軽な感じで出かけてしまい、首輪とかリードも持って来ず、ゴム草履という姿。。。

チワワ、迎えに行ったら酷く怯えて、牙をむいて威嚇し、手を入れるとすごい剣幕で噛みつきに....

そぉっと出せば大丈夫かな思たけどチワワ全く変わらず。。。
パニック起こしてるので、あまりの攻撃に出直そうかとも考えたけど保管期限は切れてるし、出さなければ明日はないのかも、と思うとせっかく掴んだチャンス。
タイミング逃したらあかんってことで
紐は借りて、たまたま車にタオルがあったので右手に巻きつけ、噛みつかれても怯まず、話しかけながら時間をかけて、ゆっくり、ゆっくり、紐で輪を作って、うまく首が入ったら引っ張る。
そうすると臨時の首輪が出来るのでコントロールしやすくなり、怖がらせないようそっと手前に引っ張りながら外へ出す。。
しかし、一歩も引かないチワワ。
その時に限ってゴム草履で行ってたわたし

足を狙うチワワ

なんとか無事、入れ物に

入ってしまえば割と落ち着いている


信じてもいいですか...という感じかな。

帰り道はバスタオルで覆ってやると、ゆっくり眠れたみたい。
長い間、不安で眠れてなかったんやろな~、もう安心してくださいね。

家について、他の犬達がいる事を見せると理解した様子。すっかり人なつこいチワワに変身しました


病院にも行き、ちゃんと血液検査、ワクチン注射、耳検査、検便、爪切りもさせてくれたよ

オスで推定1~2歳
未去勢。

ええ子やん~





フィラリア検査は数日後に結果が出ますので結果が分かりしだい募集していきま~す

皆さん、犬の引き取りには必ず、首輪やリードは持参しましょう~
© 「LEY-LINE」. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。