http://ley-line.info 活動の中で時々書き記す日記・・・
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ウルフさん、いよいよご卒業されました
いざ出発!したのは24日の夜。。。
前日は娘にド深夜、救急病院に連れて行かされ1時間ほどしか眠れてないわたす



痛い痛い言うて、大騒ぎして車走らせ救急病院到着したら「なんか治った」て
ほいでも帰ってまた痛い言われてもあかんし、とにかく診てもらお。



救急言うても、痛いのは歯やからねぇ、
歯医者の救急なんてないよ、と先生に苦笑いされながらも鎮痛剤だけ処方してもらったし。



6月22日なったら22歳ですよ、娘
ほんま、世話かかるわぁ。



ま、それは良いとして。。。



いつもなら全頭一緒に連れて行くんだけど。
今回はなんせウーちゃん2頭がメインやし他の犬乗せるスペースちょっと足りんってことで、隊長に3頭は預かってもらう事に



出発前に迎えに来てくれはって。



またまた差し入れも









ありがと~



ほんま、振り回しっぱなしで申し訳ないなぁ。。。




このご恩はいつか必ず
ほんまによ





ウルフのディーテは東京都八王子へ。



そして、脚が曲がっていて一番怖がりのアテネは東京都昭島市へ。




偶然にも同じ東京都。しかも車で30分ほどの位置にある里親さん宅。。
今まであなた達支えあってきたから、いつか再会できたら良いね。




八王子のご家族は、大型犬の保護犬を何頭も育ててきている方で、5年ほど前にうちからもニューファンの老犬チルチェ改めグリコちゃんを迎えてくれ、そして昨年はチビバニのしのちゃん改めきのこちゃんを迎えてくれたご夫妻でございます



グリちゃん亡くなり、辛い時だったと思うけど、きのちゃんを快く迎えてくださり本当に嬉しかった。



犬達の為に夏は避暑地に別荘を購入し、ご夫妻と犬達で滞在するし



他にもキャンプ場もあるので、時々、1週間、10日間と遊びに行き、のんびり過ごす写真を送ってくれる



ディーテは人間は怖いけど、犬は大好きだからきっと他の子達に教えられて、すぐご夫妻の事が好きになり、のびのびと過ごしてくれるようになるんちゃうかなぁ



ご夫妻の溢れんばかりの愛に包まれて、の~んびりと過ごすんやで~











少し戸惑っていたけど。
帰り道、里親さんが送ってくれた画像では.....




おお~、すっかりくリラックスできてるやん~
さすがやなぁ




新しい名前はフーシャ
アイルランドに咲く花で、「神様の涙」という意味だそうです。



毎度、本当にありがとうございます
末永く
宜しくお願いいたします



ほいでからアテネさん。
昭島市にある大きな大きな動物病院のオーナーさんが以前ウルフを亡くして以来、ずっと寂しい思いをされていたそうで。
いつもお世話になってる東京の団体様からのご紹介なんだ~



すぐに到着。



車から降ろす前。


不安顔です



どこへ連れて行かれるの?




えっちらおっちら、歩いてます。



不安気ではあるが、リードつけて歩くのもなかなかだったのにちゃんと着いてくるとこ見たら、ここが新しい家だと分かってるのかな?

病院だからね、足も診てもらえるよ!



オーナーさん、前の子の話とアテネの事話しながら手続き中も泣いて泣いて。。



前の子がぴのこちゃん。
アテネはぴよこちゃんだそうです




ほんわかする名前だな~。
人間によって作られた心の傷は深いけど、それを癒すのも人間にしか出来ない。里親さんは一緒に寝るよーって言ってくれてました。



お尻押すのに必死で、写真がない
また落ち着いたら送ってくれるそうなんで、宜しくお願いいたします~。





さて!!!
次はいよいよハクとの再会
息子、大興奮です



途中
もーちょっとスピード出せんの?
おかん、ちょい頑張ろか?
今日くらいええやろ。

と、いつもは私が少しでもスピードオーバーしたら怒る癖に、早よ行け、早よ行けと


ちょっと待てって、前に車走っとるやろ





とかなんとか言い合いしながら到着~



あぁ、里親さんに教えてもらっていた通り事務所前にハクがいた



息子を見つけるとハクも喜んで飛び出てきて抱きつく







そして私にも.....



お散歩行ってきていい?
と声かけると、もちろん行ってあげてと快諾いただき息子大喜びでございます



























あ~いつまでも愛おしいハク



いつも、こんな広い所を走り回らせてもらってあんたホンマに幸せやな



また必ず会いに来るからな





さぁ........



帰るゾ~。



行けるとこまで行こ。
疲れたら休憩せな。




トンネルの数、数えよか、と言いながらすぐに数え忘れて、それすら笑えて笑えて。なんでも笑えてきたらヤバイで。
疲れがピークいうことやな。




美川憲一トンネル~




あ...尾川第一トンネルか



既に目が疲れてる言うことやな。



休憩しよ~



ボチボチのらりくらり運転しながら帰ってきたよ~ん。
あぁ、ほんまに楽しかった



家に戻ったら隊長から、バーニーズのケン君にプレゼントが届いてる




ケン君
ほんの数メートルしか歩けないから、いつも散歩は家のまわり。
これで公園まで連れてたって。て。



こんな高価な物を.......



隊長、ほんまありがとう~



ケン君と少しずつ楽しみます



このご恩はいつか必ず



たぶん.............。




日本語に見えない



隊長~~~~
組み立てて~~~~



いや。
このご恩はいつか必ず.............





LEY-LINE
http://ley-line.info










スポンサーサイト
page top
ヒロシ卒業&小さなバニ君
ヒロシ~ご卒業おめでとうございます





ジャックラッセルのお姉ちゃんと猫さんがいるご家族です




ヒロシは誰にでも優しいし、猫ちゃんも追いかけないから安心~。



ジャックラッセルのお姉ちゃんとうまくいってくれる事を願って託してきたけど、すぐに里親さんから連絡あり、このまま正式に迎えますって
ウロウロさせたらかわいそうだし、大きな問題もなさそうだから大丈夫って



あ~良かった



里親さんがいっぱい近況を送ってくださいます




お届けの翌日。リラックス~
(去勢してすぐだったからちょっと腫れてるねんけど)




またまたリラックス~




そして、またまたまたまたリラックス~



うん!もう大丈夫やね



里親さん、ありがとうございます~



新しい名前はチャック



チャック!幸せにね~





ほいでから、小さなバニ君のその後。


点滴が効いたのか、家の横の筋を数メートル歩けるように



でも無理はあかん。
ちょっと無理すると、すぐ酸欠起こして倒れてしまう。



食欲はあるから多少なりとも体重増えてるし、担いで帰るのも結構大変になってきてんやし~。



ベロも歯ぐきも真っ白の時はやっぱりしんどい証拠。




グッタリと寝転び、なんにもする気力出ないみたい。



ハァハァと息を荒げ、目に光もなく、胸に手を当てるとバクバクしてる。



なるべく、しんどくないように過ごさせてやりたいけど、弱った心臓が元へ戻るわけもなく。



代わってやる事もできないし、ただただ見てるしかないのが辛い



でも。



ベロが綺麗な色の日は散歩をねだり、ワンワンと吠えてくれる




か...可愛ええ~



健気やわぁ~。



絶対良くなるからな!

いつか、もう1回走ろ。

だから、もちょっと一緒にがんばろな。



って。。。



点滴してもらって元気になった日は、他の子達を隊長のお山に運動させに行く準備する私に向かって「僕も一緒行く!」て。



大丈夫かぁ?
無理したらあかんでー。



と言いながらも願いを叶えてやりたくて連れてってみることに



車も好きなようで、窓から外を眺めてはワクワクと楽しそう





子犬のナラも一緒




車酔いしとったけど、すぐ復活でよぉさん遊んでんなー
楽しいな




その間sacoさんは、野菜を植える&収穫してきたよ~。




耕すとこから




ほいで。植えたゾー




万願寺ちゃん




サニーレタスさん





玉ねぎ、山盛りもらったし




楽しみやなぁ~



話は戻り




草の上を満足げに踏みしめるケン。



あっそうそう。
このバニ君ね、元の名前がケンシロウなんです
普通なら心機一転で名前はガラリと変えるんだけど、ケンは保護した日、他の何に対しても無関心だったのに、私が「ケン!」と呼んでみると少しビックリしたように反応してたから。



まずは体を治す事に集中せなあかんし、新しい事に順応する為の気遣いはなるべく最小限にしてあげないと。



だから、ケンと呼ぶことに......



ケン、ケン、ケン。



大好きだよ。



日によって状態は一進一退。



でも、この2~3日で急に腹水が溜まってきたようで今日も病院へ行くことに。



わ、いっぱい溜まってるね、すぐ抜くからねと先生



針でブスッと



ぎょえ~~~~
と思ったけど、本犬はいたって普通。
犬と人とでは全く感覚が違うんやなぁ。
私なら耐えられんわ








いっぱい出たな~。



ほんの数分間と思うけど、ジッと立ってるのがしんどいんちゃうかいな、とヒヤヒヤしてたもんやからメチャメチャ長く長く感じたわ~。



偉かったな!!!ケン



尊敬するよ!



LEY-LINE
http://ley-line.info







page top
小さなバニ君
バーニーズ7~8歳の男の子。







ある人から、さこさん~助けてやってよ、と連絡が。



飼い主が生活苦と体調不良でお世話が出来なくなり、本人も家賃をやっと支払ってる状態なので餌ももらえてなかった日が続いていたらしい。



身内の方に聞いてみると、餌もやらない、散歩ももちろん行ってない、こないだ歩かせてみようと思ったら突然パタンと倒れてしまった、と......。



場所は愛知県。
すぐに引き取ります、と走ることに。
めちゃめちゃ暑い日で胸騒ぎがするし、朝から出れば夕方の病院に間に合うから頑張って生きてほしいと。



飼い主はかなりの高齢で、話が通じにくい。身内の方が立ち会ってくれたんだけども。。



檻の中にいるバニ君は一応、私がそばに行くと威嚇して吠えてる。



近寄ってみて息をのんだ。
我が家の初代バーニーズのバニラが保護された時の目によく似てる!!!!



思わず手を出すと、キャ~噛むかもよ、気をつけて、と身内さん。。



心配せんでも見るからに噛む力も残ってないよ。
目は虚ろで、後脚は踏ん張りがきかなくて吠える度にフラついてるやんか。



檻の中にはその子がスッポリ入るくらいの大きな穴があいてる。
退屈過ぎて掘ったのか、寒さ暑さの対策の為なのか.......。



7~8年もどんな暮らしをしてきたのか。



檻から私の車まで5メートルほどなんだけど、その間を歩くのもやっとこさっとこ



抱えてみると背骨も肋骨も浮き出てるし。。。



なんの感情もないし。



自分がどこへ行くのか、という事にも関心もなく。



生きる事にも興味がなさそうな顔をしている。



涙が目の真下まで溢れてきて、もうあかん!!! 我慢できない



早くここから出てしまいたい



早々に引き上げ、大阪までノンストップで走り先生のところへ







体重22kg。



フィラリアは、痩せ過ぎだから採血よりエコーで診てもらうことに。



心臓にウヨウヨ。。。



大きく成長し、弁のところにヒラヒラと見えてる。
これが絡みついたら突然死の可能性も高いからね、覚悟はしといた方が良いよと。
少し歩かせてみると、腰から砕け落ちるようにペシャンとつぶれる。
筋力なさ過ぎなのか、神経のものなのか、もしかしたら脳に異常があるのかもって



すごい臭いやし毛玉やけど、今は体力ないからお風呂はやめとこな
体力奪うからな。



缶詰もらうと、食欲はあるみたい。



脳に何か問題が起きてるかどうかは、少しずつ、少しずつ、食べて、ウンチして、ゆっくり休めるようになってから診てみよか、と先生が



1日でも長く、楽に生きてくれて、いつか笑顔が見れたらな~
そこまで絶対そばにいるからな、一緒に乗り越えよな



ほいで、ウルフハウンドのランちゃんから不妊手術と胃の固定手術終わったよ、とお知らせいただきました~




良かったね~




最初は遠慮してたのか入れなかったリビングも、今ではすっかり寛げるみたいやし、先住の花ちゃんとも仲良く一緒に寝るまでに~



あぁ~、良かった



里親さん、いつもありがとう





LEY-LINE
http://ley-line.info
page top
マルコとネネの卒業
またまた隊長とこで集合~BBQ
(お肉を食べない私とローワンの為に野菜もたっくさん用意してくれ感謝)


新しいレスキューやら、搬送やらで世間はゴールデンウィークというのに前日まで隊長振り回して、翌日にはBBQて



どんだけ~



ほんますんませ~ん、許して~。。



でも自然の中でいろんな人と接して、山路を歩いて、のんびり過ごして、食べて、笑って。。



そんな経験が辛い過去を消してくれるかのように犬達は穏やかな表情になるんだよね~




ともぞうも来たよ~



あ、ゴメン。
ダンヒル様やったわ


まるで別犬のように毛はサラッサラやし、ピカピカのお坊ちゃまやしな~。
気軽にチュッチュ出来んくなったなぁ。





今回は娘と娘の彼も同行。




大型犬が苦手な彼もこの通り~


ウヒヒヒヒヒヒ
(これから色々頼み事が出来るとたくらむ母)




この子は殺処分寸前をルートとこに助けてもらい、今は安心して過ごす梅ちゃん



まるでチビライラやなぁって。



良かったね~
ギリギリを命拾いして、ルートとこみたいに大事にしてくれはる家に出会ってきっと今幸せやろなぁ



からもルートママにお礼言っとくわな~梅ちゃん




ほ・い・で・・・




ついにネネちゃんとのお別れの日。



ネネは野犬が産んだ子だからと殺処分対象だった子。
まだ赤ちゃんだったのに....
でも、温かい気持ちの女性に守られ、保護され、命はギリギリ救われた。


私が出会った時はたぶん生後半年くらいかな。怖い目にあったのか、なかなか懐かない子。
うちに連れ帰ってくると、狭い所に潜り込んで出てこない。
でもまだ子供だからね、夜は寂しいのか他の子達が私の布団に入るのを見て恐る恐る私の背中にくっついて眠るように...



ネネに会いに来てくれたご夫婦は、結婚して何十年。
ずっと保護した子を育ててきたらしい。



数年前には、何故か自宅の玄関前に生き倒れになっていた大きい女の子を看取ったそう
数箇所を癌に侵されていたけれど出来る限りのケアをし、大切にしていたそうで、最期はその子の為に四国までお参りに行かれたそうだ。



亡くなってしまう時を思い返して涙ぐむお母さん。。。



本当に優しい優しい方だなぁ。。。



ネネは幸せになれるね



だけど、ネネはまだまだ首輪を持たれる事も怖いし、人が動くとドキドキしちゃうから、ご夫妻とネネだけだと馴染むのに時間がかかるかもしれないね~。
ネネと仲良く出来て、行き場のない人なつこい子がいれば一緒に迎えようかなと言ってくださり、それならこの子しかいない!!!!とマルコ君を紹介することに~



この子も同じく殺処分寸前を運良く救われた子。



殆どの子は救いの手も届かず.....
誰に知られることもなく.....

あっけなく殺処分されていることを思うと......

殺されてしまった子達の分も、私達は生きられる彼らに最善を尽くさなければ、と身が引き締まる思いになる。



マルコはフィラリア強陽性。
先日、なんとか去勢手術も無事終わり、フィラリアに関しては投薬治療をはじめているが、年齢も実際分からないし、過去の経緯も病歴も何も分からない。。。
今後、どんな事が起こるのか予想不可能。

それでも、人間の都合で苦労してきた子だから幸せにしてやりたいんだ。

このたった一つの命の単なる個性として受け止めてあげてほしいんだ。

マルコの本当の家族を.......




だけど、マルコは今。

自分の置かれている境遇の全てを受け入れ、淡々と生きて、散歩に連れ出してくれる事にも、安心して眠れる場所がある事にも、毎日必ず食事を与えてもらえる事にも感謝して笑って過ごしている。


犬は......
動物は本当に凄いよね





ついに卒業の日



マルコは予想通り。



ふーん、今度の家はここかぁ


ふむふむ。なんか美味しい物あるの?


誰がお母さん?


この人?


この人がこれから僕の世話をしてくれるんだね!了解!よろしく!


と、あちこち見てまわり、階段上がって散策。。。
台所もゴミ箱も点検。


ストンとお母さんの膝に座り


それ頂戴!とおやつを催促



ちゃっかりしてはるわ



マルコがあまりにも警戒心皆無なので、つられてネネも側に寄ってきてはオヤツもらってる~




絶対、はじめて会う人の手から物をもらうなんてなかったし、人が見てるとご飯も喉通らなかったのに、色々もらっちゃってるし~





凄いなぁ~



お母さんの柔らかいオーラのおかげやな



このお母さん。
日本舞踊の先生でね。
今度の舞台が「義経 千本桜」というものらしく、そこから名前をとってくれて。


マルコはこのタイトルから"千本"。
ネネは主役の"しずか"という名前をいただいちゃった



あぁ~



あぁぁぁ~



あなた達の笑顔を見ることに。



私達も、新しい家族の皆さんも今、夢中なんだよ~。



全国の里親様



本当に本当に素晴らしいものをありがとう



LEY-LINE
http://ley-line.info


© 「LEY-LINE」. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。