http://ley-line.info 活動の中で時々書き記す日記・・・
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
生き地獄からの救出
報告が遅れ大変申し訳ない



いきなり話しは始まりますぅ。



三重県のワンニャンプロジェクトさんの呼びかけで、例の生き地獄からの救出がスタート。



うちは隊長にでっかい車出してもらって二人で向かう




滋賀から、和歌山から、愛知から、埼玉からとゾクゾクと集合~
わー
埼玉のお二人筆頭に強面の心臓に毛生えてるというか心臓が毛玉で出来てる人ばっかりやぁ




おっちゃん、無事でおれるやろかぁ




ワンニャンプロジェクトさんが水面下で綿密に計画し、打ち合わせが何度もあり、行政も警察も巻き込み、話し合いが行われたと聞いてる。
警察が動くって素晴らしい事やね。




現地集合で、さぁ決行かと思いきや、おっちゃんダダこねてる。
昨日も行政や警察やワンニャンプロジェクトの代表とも話しして、決まったのになんやらかんやらコネコネコネコネと。




集まる皆さんもだんだん声荒くなってくるし




根性普通とちゃう人間ばっかり集まってんのにおっちゃん知らんで、言葉に気ぃつけや。。。





人の肩越しに後ろから、恐る恐る眺めるわたす




ほいで、なんやかんやでやっとの事で入れる事になり、シャッターが開けられる。。。








臭いとハエが一気に出てきて目が痛い~























これ、長年に積もった糞尿の山。



大きい犬はバリケンが糞尿で埋まってしまったのでフリーにされている。
オスメスの区分もされていない。
そして犬達はこの上を歩いたり寝たりしている。



どれだけの期間をこの中で過ごしたのか。。。



昨日の下見では穏やかだった犬達も、今日は何をされるのかと怯え、逃げ惑い、唸る吠える噛み付くで大変



あのやせ細ったボルゾイ達の力の強いこと。。。
こちらも必死のパッチやけど、彼らもやるかやられるかと思ってるのであろう。
もう、これ以上ないほどのスピードで逃げるし、下に潜ってしまったら出て来ない。



バリケンの3/4が糞で詰まってんのに、その向こう側に入られるとなかなか出せない~。
しかし、出すしかないから皆でそこへ体半分入って犬を引っ張り押し出し、汗だくの救出。
か弱いわたす達ではとても力でかないません。
頭も体も糞尿にまみれて隊長大活躍








45頭を数時間かけて引き出したら隊長にご褒美が.....





ちなっちゃんが、顔についたうんもを取ってくれてる~




た、隊長。。。
鼻の下伸びて目が垂れてもて、全く別人みたいになってまんで




全頭出たのか最後の確認行きましょか~。。。



さぁ、行こかぁ~。。。



勇気いるなぁ





犬も人もいなくなった室内は、早くもハエ達の城に。
顔や頭にくっついて、早よ出て行けとつっついてくる




ちょっと見るだけやから待ちぃな


















1メートルくらいの高さまで糞尿が積もってる。
屈まないと、もう天井につきそうな所もあるもん。



こんな所に綺麗好きの動物を閉じ込めておくなんて、本当に虐待の何ものでもないよ。





家族の写真。。。






過去の栄光。。。




ボルゾイの繁殖では有名な人物だったらしい。





人間の堕落と共に犬達の運命も180度変わるんやなぁ。。。






これから、いろんな人に出逢い、風や大地や美味しい食べ物、そして優しく撫でてくれる絶対の味方になってくれるあなたの本当の家族を見つけてもらうんやで。





幸せ見つけてまたいつか会おな!






皆さん、遠路なのでゆっくり話す間もなくサヨナラとなり。。。
なかなか会えない方ばかりだったので残念でした。



でも!こうして力を合わせられる事、とても心強く感じました。
ありがとうございました




しかし、これからが大変です。



健康面で不安が多い子ばかり。



ドキドキハラハラはまだ止まりません





救出した日に、ある方からメールをいただきました。
とある動物病院の先生です。

今回レスキューした中の1頭、医療の協力をしたい、と。
長くは無理だけど10日までの入院ならその間の治療に関しては無料で診ますと


あらまぁ~、
なんと素敵な獣医さん
記事を見て胸を痛めて、自らそのように申し出てくれる獣医さんがおられるとはメチャメチャ勇気付けられ、嬉しさに目頭が熱くなった日でした。
昨晩、診療時間が終わった夜、早速フラフラして倒れてしまう女の子コニーさんを入院させてきました。



冷静かつ、的確に診断してくださり、そしてコニーの頭を撫でる手に深い愛情を感じました。



センセ~ありがてーよー。
なんも御礼できんけどごめんなさい。


どうぞコニーさんを宜しくお願いいたします





犬達はメディカルチェック済み次第、里親募集されていきます。
どうぞ宜しくお願いいたします。

○ワンニャンプロジェクトさん

○ペット里親会さん

○和歌山ワンダブルさん

○Root-stockさん

○ひとみさん(こちらは既に里親様決定されたそうです)


LEY-LINEも犬達が落ち着きましたら、順次募集していきます。

宜しくお願いいたします!!


LEY-LINE
http://ley-line.info


スポンサーサイト
page top
生き地獄とはこの事やわ
ケンとの別れは切ないもので。



檻に閉じ込められて長い間、ご飯ももらえず、運動もせず、細くなった肩幅。



それを抱き寄せる事も、体をくっつけて添い寝する事も出来ないんだな~って思うと今はまだ恋しくて寂しくて泣いてしまうけども。



昨日、ケンの大好きだった隊長のお山に埋葬させてもらったんだ~。




隊長のユンボ待ち。



隊長がユンボで土をワイルドに掘り出すと急に空が黒くなり、雨が



まるで、ケンの死を悲しむかのようだった。







でも、ここならこれからもしょっちゅう会えるね。



隊長、本当にありがとう



そして。
たくさんのお花が届きました



ケン、良かったね




ブロンディの里親様から




ベッキーの里親真子さんとkaoruさんからも




短くシンプルな言葉は余計に温かさを感じるなぁ~





ケンの事を教えてくれた花ママさん




マナちんとカナちんを預かってくれるママさんからも~



本当にありがとうございました



ほいで、ミルキーの里親様からは。
また自然派オヤツが


毎度、すんまへん!
気ぃ使わせて~



と、言うと関西人は必ず
「いやいや、気ぃつこてへんよ、お金はつこたけど。」って返すんやで



寛みちゃん!
ありがと



ケンにもお供えして、他の子にもわけわけするなぁ~






さて、涙で思い出に浸るのも束の間。
今日は劣悪多頭飼育崩壊現場の下見に。





結構、覚悟のいる現場という事がこのセットで分かっていただけると思います。



今まで見てきた中でも最低レベル、ワースト1位2位を争うゾ



ニュルッと、ゴテッと、ブニューッと、ズルズルズルッとゾゾーッと.....。



まぁ、こんな感じですわ。
(どないやねん。)



うーん、生き地獄やね。



犬って、綺麗好きやねんど



これで、家族として飼ってきたとか言わんといて。



こんな所に閉じ込めて。



外の世界も知らずに。



陽に当たる事も。



自由に大地を駆ける事もさせずに。



汚ない水と、蝿がたかるフードを与えるだけ。



糞は固まり、何層にも盛り上がり、部屋の中に小高い丘が出来てましたで




保健所と警察も立会いのもと、現場に入ったんだけども。




飼い主がゴテてるから。




だからここまでは水面下でSOSが入り、いくつかの団体さんと打ち合わせしながら事を運んできた。



あと一歩で全頭のレスキューが終了する。



次に行けば一気に全頭を引き出したい



割と有名な現場らしく、既にご存知の方もいるみたい。



しかし、とりあえずまだこちらでは画像は伏せさせていただきます。



明日、この地獄から引き出し、全頭を各団体の車に乗せたなら次々とアップしていきたいと考えてますので~





どうぞ宜しくお願いいたします~




LEY-LINE
http://ley-line.info


page top
ケンとの別れ
ケンが今日の午後8時40分に逝ってしまいました。



夕方、苦しげな息だったので見てみると舌が紫色してて。
すぐに病院へ...



レントゲン撮ると、肺が真っ白。
誤嚥で肺炎起こしてるか、心臓の悪さからくる肺水腫か.....。
とにかく、これでは苦しむばかりなので鎮静かけて点滴を。。。
入院させておくか、夜にまた迎えにくるか先生と相談。
側についててあげたいので入院室に入る事にさせてもらった。




ケン君、背中に注射したらちょっと痛かったようで怒ってしまった。。。




ウトウトしてるかと思ったら、突然起きては「僕は帰る!こんなんいらん!」と口で点滴の針を引っこ抜いてしまう。
「しんどい!」
「帰りたい!」
「痛いのも、苦しいのももう嫌や!」




怒ってマットを噛んでる。




もう、何もしてくれるなと。
自分の最期は自分で決めたい、と。




せめて、その気持ちくらいは受け入れてやりたい。ケンの命だからね、ケンだけのものなんだ。




車の中では少し眠れたみたいだけど、家につくと悔しそうにウ~ウォーンと少し鳴いて自力で歩こうとする。




でも、もうその力もなく抱いて布団に戻し、心臓に手を当ててみると、昨日まであれだけ感じる事が出来た心音もどんどん弱り、かすかに感じれる程度に。
息子にも触らせてみる。




午後8時40分。
ピタッとその動きは止まってしまった...。






5月10日に来てから、たった44日間だけだったけど共に過ごせて良かった




たいした思い出も作ってやれなかったけど、ケンシロウという子が確かに存在していた事。
こんな短い時間でも人と犬は信頼関係を築ける事。
治療や生に対しても、動物も自分自身の考えがある事を私はケンに教えてもらったんだよ。



ケンは本当に強くてガンコで一本気で、それでいて私には本当に優しい子だった。



一生忘れないからね。







ケンに出会わせてくれた方。
見守ってくれた家族。
隊長。
レイキを送り続けてくれた順子先生。
ケンの為に布団など送ってくれた方。
そして、ご自身も老犬を抱えておられる中、見ず知らずの私のところへご支援を送ってくれたK様。
最期まで手を尽くしてくれた先生と看護士さん。
ケンを応援してくれ温かいメッセージをくれた全ての方。



本当にありがとう
今は感謝しかありません。



2014.6.24 8:40



引き取った日。5月10日。



























































車でのお出かけが大好きだったケン。
もう一度、芝生の上を歩かせてあげたかったな。

また会おな!愛してるよ!



LEY-LINE
http://ley-line.info
page top
何から書けば良いのか。。
まずケンの近況。。。



自宅前で夜、二人で突っ立っていたら自転車が通りかかり、驚いたのかなんなのか。。。。



歩くのもやっとだったケンが何故かいきなり吠えかかり、咄嗟に出した私の右手首にケンの歯が当たり流血~



カンッと当たったから小さいけど深い穴が空いたから~
傷口を広げて流水で流して、口で血を吸って捨てる、を繰り返すも腫れ上がってきて痛いよ~ん



2~3日は物を持つ事も、ハンドルを握る事も出来ずで。
(大した事はなく、もう、今はすっかり治ってんけどもね)




ケン、それを気にしてるのか、それを境にパッタリとワガママを言わなくなってしまった。。。



あんなにゼーゼーハーハーでも
こっち来い!とか。
あっち行け!とか。
一緒に連れてけ!とか。
ご飯!!とか。。。



ワンワン言うてたケンが、パッタリと黙ってしまった。



ケン、さこさんはな、元気で居てくれたら嬉しいねんで。
またあんたにワガママ言うてほしいねん。。。






先日は心電図をとって....。



薬は今のままで良いのか、増やすのか、減らすのか、バランス変えるのか、など分析するために。


脇腹と足の付け根を小ッさいクリップみたいなんでつまむだけ。
ケン、立ってるだけでもしんどいのに頑張ったな~。偉いゾ!




ピコタンピコタンとケンの心音通りの動きを書き出す。



針が正常な心臓とは逆をさす。



素人でも胸に手を当てると尋常ではない不整脈が分かるほどだ。



トン、トン、トトトン、トントン、トトンと叩いている。
そしてザワザワとしたような雑音も感じ取る事ができる。



エコー当ててもらうと、1匹ほど、また心臓に降りてきてるのが見える。
機嫌良さげにピラピラしてる。



肺動脈にいたのが、降りてきたのだろうとの事。
なんで?
なんでお前はここに住みついているのだ
お願いやから、ケンの体から出ていってほしい
ほんま頼む。。。



咳が酷くなって、食欲も落ちてる。



昨日、喜んで食べた物を今日は嫌がる。



あぁ、きっと別れが近づいてるんだ。



本犬は分かってるに違いない。



私を風呂まで追いかけてくるように。
強気なケンもきっと不安なんだよね。



夜は眠りにつくまでそばにいるよ



もうすぐ薬なくなるからね、また先生とこ行こな。
なんも心配ないよ。
大丈夫。



ケンが心配するから、泣くこと禁止




ほいで、ブロンディも無事に里親さんのお宅に。。。




預かってくれてた杏奈さんが、一緒にお届け行ってくれたし安心



長いこと預かってくれたからな~



本当、ありがとう



里親さんも、目が見えないことや年齢の事などなどいろんな不安を抱えながらも迎えてくれる。



素晴らしい人もいるもんだな~



お届けした後、画像を送ってくれたよ


庭を散策し、すっかり馴染んでる様子。
良かった!
本当に良かった



でももし、今後、歩けなくなる時が来るかもしれず。
病院とかなんとか大変な場合もあるかも。



そんな時、パパさんがお仕事でいない時などは呼んでくれたら行くけんね~







ちびっ子達は順番に卒業~



京都の子になった男の子。
名前は現在、里親さんが迷い中~


幸せになれよ



そして、今日は女の子の卒業~


新しい名前はエル
大自然の中にある大きな家。
それはそれは素晴らしい絶景でした





兄妹がそれぞれに、違う家族を持ち、幸せになっていくお手伝いが出来て良かった




来年、同窓会で再会出来れば良いなぁ



あ、残るはあと1頭
合宿所にいるよ~



ほんま、ええ子でっせ。
一押しやで
会いに来たってや




LEY-LINE
http://ley-line.info




page top
ビーグルさん
ケンは毎日3種類のお薬を飲んでます。
心臓の薬2種類と利尿剤。
デカイ粒はちょっと良いお値段なんで安く買える方法ないかなぁと先生が
どなたか知りませんかぁ~?



しかし.....
なんという名前の薬か忘れちゃった



どないやねん、聞いといて




また聞いとこー



薬増やして昼は比較的落ち着いて過ごせるようになってきたかな。
でもお腹に溜まる水分は、突然いっぱいになるので油断禁物です。



それでも、私が帰ると駆け寄って来たり、軽くスキップしてるような仕草したりも出来るよ。








隊長に買ってもらったバギーで公園も行けてるもんねー




でも、かと思ったら突然倒れて息も絶え絶えになったり。



知らない人が家に来ると吠えて、吠えまくって大興奮で酸欠になり、あとしばらくかなりしんどそうだったり。。。



バギーに乗ってる時に、知らない人が笑ったりすると「なに笑とんねん」と激怒るし、そんな時に急に手を出すと噛むかも



いやいやいやいや
あんな
可愛いなぁ~て微笑ましく見てくれてるんやないの。
怒りなや。



ケンって。
たぶん、昔はブイブイいわしてたんやろなぁ~
私が迎えに行った時、飼い主さんも身内の人も、しきりに噛むかもしれん、噛むかもしれん、言うてたのはそういう事なんやろな






ほいで。
話は突然変わります~。




ドドドン



この丸~い背中。



新しくやってきたビーグルちゃんです。




名前はラブ。



飼い主のおばあちゃんは亡くなり、おじいちゃんは脳梗塞で体が少し不自由だそう。。。



ラブちゃんの事は可愛かったみたいやけど散歩もなく、お世話されてなかったとの事。




これ。
幼虫じゃないよ、ラブちゃんの狼爪。
巻いて、指に突き刺さり、突き抜けて、二重に巻いてたんだ。
長年、散歩にも行かず、病院にも行ってなかったから誰にも気付いてもらえなかったんやね。



痛かったやろに~




小柄で、小顔で、べっぴんさん。
人が大好きで甘えん坊さん。




突然、飼い主の元から知らない家に連れて来られ、不安で哀愁漂う.......






哀愁.........









あ、哀愁やんかぁ。
漂ってない





ちょっと~ほんまダイエットやで。



本来なら10kg前後の小柄なビーグルさんなのに。14.5kgやて。
全部お腹やで、お腹




がんばって痩せるどー。








家でも、他犬ともうまく付き合いテキトーに過ごしてくれてます。




ほいで、関東から来たコーギーチーム。
華名ちゃんが新しい家族見つかって一番乗りで卒業~です





里親さんね。
ホームページ見て、惚れ込んですぐに連絡くれました



不妊手術済んで、体調万全状態でのお届け
一応トライアルという形にしたけども。
翌日には、絶対手放せないし正式に迎えますと連絡が



名前も預かってくれていたボランティアさんが一生懸命考えてつけてくれたから、そのままにしますと



ほんまにありがとう




華名ちん。
幸せになりや




ほいで。
華名ちゃん預かってくれてたママとこはトイプードルさんを入れ替えでお願いしました




クレアちゃん。
LOVE&PEACE NOAさんのワンコちゃんです。



こちらの代表さんは車乗らんから、いっつも電車やねんけど、元はウサギさんの保護から、犬は無理ですかぁ?って話になり、やっぱり放っておけず。
犬や猫の事でも、ほぼ、一人で電車移動で走り回ってる




保護場所も足りなくて、引き出すに出せずにいたのでお手伝いする事に。




まだ若く小さなトイプードルちゃんなんで、きっとすぐ里親さん決まるんではないかって事で一番ご近所の方にお願いしました



いつも本当お世話になりま~す





LOVE&PEACE NOAさん、今後も半泣き活動が続くと予想されます

搬送や一時預かりでご協力いただける方おられましたら是非連絡してあげてくださいね~
継続してご協力してくださる仲間は常に必要です。
どうぞ宜しくお願いいたします。
http://www.lp-noa.com/



あ、私はこちらの代表とはね。
一緒に動物実験反対のデモやパネル展等をやっていた関係で、もう7~8年前からの知り合いです。



お互いに色々な事を経験し、乗り越えながら、方向性を見出し、今はデモとかはやってないけど、協力できるとこは協力して細くても長く続けていきたいね、と話してます




どこの子も幸せになってほしい。
私は常にそう思ってます







LEY-LINE
http://ley-line.info


page top
ダルメシアンちゃんの事
ダルメシアンの女の子。
13歳。



飼い主が亡くなり、その家族がある殺処分施設へ。。。



そこは.......
たくさん、たくさん、本当にたくさんの子達がやってくる施設なんだけど。



この年で最期がこれではあまりにも不憫だと、そこから出してもらえる事に......



引き取る約束は5日。



でも2日の昼。
その日はとにかく暑い日で
まるで真夏のような暑さの中、柴犬ロクさんを迎えに行き、預かってくれる所へ搬送中だったんだけど。。



途中、電話が入り、ダルメシアンさんが元気なくなってるって。
もしかしたら熱中症かもって.....



えぇぇ~っ、水かけるとかなんとか対処してもらって、とにかく今日なんとかして引き取るわという事に~。



生きてほしい。
1%のチャンスを手にしてんやから。



待っててよ~



引き取って車に乗せると、膿のような臭いが。蓄膿症かもーっっっ



本犬は苦しそうに、うーんうーん唸ってるし。。。



ヤバイヤバイヤバイって~



先生に電話して事情を説明。
病院で待機してくれる事になり、とにかく走る。あ~通り慣れた道なのに長く感じるわぁ



車の中で失禁、脱糞。
苦しのか痛いのか、抱くことも嫌がる為に先生と敷いてる布団ごと掴んで降ろす事に。なんとか処置室へ。















あまりに苦しがって正確な処置が出来ないので鎮静かけて少し眠らせる。



体温は42℃近くある。
バケツに溜めた水にバスタオルを入れて、体を包み体温を下げる。
でも下がり過ぎると、そのまま目を覚まさないってこともあるので注意が必要。
ある程度下がればタオルはどけてレントゲンへGo




蓄膿症ではないみたい




しかし、熱中症は間違いなく、軽く肺炎も起こしてるらしい



それに腰も悪いみたい。
変形性脊椎症というんだって。。



お腹は全体的に皮膚が赤くただれてしまって痛々しい。。。



四つ足共にただれている。



耳は.....もう汚れが酷過ぎて完全に塞がってる状態。
それを誰もなんともしてくれんから、仕方なく掻き続けたからだろう。
耳がしわくちゃに固まっている。



元飼い主が亡くなってるので、何がなんや分からんけど、飼い主の生前中から全く愛情受けてなかったんやなぁ。。。




今、とにかく命の危機があるのは熱中症。
点滴入れつつ、できる事をする。



先生忙しいから、私は爪切りと床掃除。



しばらく点滴は続けなあかんし、晩は入院させてもらうとする。



なんとか生きてや。










.........で、生きたで。



いやぁ、その間、ほんま色々色々あってんけども。いつもの事ながら写真全然ないからちょっとはしょります~





病院前をクンクン匂って楽しんではります




ほんま、良かったなぁ




首も重度の変形性脊椎症らしく、それが神経を触り、あれだけ苦しがっていたのでは?と。



鎮痛剤では間に合わず、ステロイドを投薬。それでなんとか痛みからは解放されたよ~。
もう13歳やし、痛みや苦しみを出来る限り遠ざけてやる事が彼女の生きる力になるんちゃうかなぁ思うから。



もしかしたら、もしかして良い家族が見つかれば嬉しいから里親募集してみよか
誰もいなくても、ずっとここへおったらええねんからね。
まぁ無理やろけどなぁ~って家族で話してたんだけども。。。





でも。でも!



なんと、この子の最期を是非我が家で
っと言ってくださる女神のような女性が現れたんです~



素晴らし過ぎやろ
なんて人なのぉ~



お届けしてきやした~



写真はないねん



先住のワンコとさえうまくいけたら、全然問題ないよ~って言ってくれて



良かったよぉ
諦めないで良かった



これからの犬生が辛かった過去を全て消し去り、楽しかった事だけを記憶に残して
もう二度と不安な気持ちにならなくて良いからね




先生
またまた命、救ってくれて本当にありがとう
尊敬してます!
嘘やろって?
なんでやのん、ほんまやがな~






ほいで、話変わります~




テリアのテラさん、お届けしてきました!!




先代ワンコ達の為に、海のそばに引っ越しまでされたらしい~




すっげ~、すっげ~
玄関から海が見えるねんよ~
カッコええなぁ~



遊びが何より大好きなテラちゃん。
買っといてもらったオモチャで早速遊びまくってます。




パパさんの声かけに、ちゃんとスワってます
かしこい!!!!!



これ、ええ写真やね~



同じ日に、グレートデーンの子犬、でんすけも卒業してんけど。
今はまだトライアル中



どちらも、同じ時に関東からの引き上げです。幸せになってもらいたいなぁ~



祈ってるよ






ほいで、また話変わるけども。。



ケン君のこと。



薬、追加して結構良い感じで元気になってきてる。
もしかして、もしかしたら奇跡とか起こって元気を取り戻すんじゃないかって。



と、つい期待してた。



でも、今さっき、突然倒れて。



息が出来なくなったみたい。



目はうつろで、私を見てるようで違う。
通り越して遠くを見てる。



鼻をいっぱいいっぱい広げて、酸素を探して頭を高く上げ、宙を一生懸命かいでいる。。。



首の脈がドクドクと波打ってる。



お腹をさすると、いつの間にかまた腹水がパンパンに溜まってしまってる




嘔吐。




あぁ、苦しそう。。。




「ケン、ケン、ケンシロウ。」と呼びかけても目がだんだん、うつろになってしまい反応がない。



前に先生からいくつかもらったニトロを入れる。
徐々に落ち着いてきたみたい。



良かった。。。



癌とか何かの病気なら運命かと納得も出来るけど、フィラリアで、しかもご飯をもらえない日が続いていたと思うと、ケンの今の強さが健気で、つい涙が溢れて止まらなくなる。






ケンの声が聞こえるよ。



あなたを信頼してるよ
愛してる
大好きだよ
今、僕は本当に幸せだし、過去の事は何も考えてない
全てを受け入れてる
泣かないで
大好きだよ



って。
逆に私を慰める。




動物も人と同じで愛情表現にキスをするみたい。
私はいつもこの子達のオデコや頬や目の横にキスばっかりするのだけど。
いつもなら、もぉしつこいよ、と言われるのに。




ケンのそばで泣いてると、キスしても良いよ、って。頬を差し出してくれる。




ケンは本当に本当に今まで見た中で一番強い男の子やわ。







明日、また腹水抜いてもらいに行こうな。





LEY-LINE
http://ley-line.info




page top
いろんな事あり......
大阪はまじで暑くなってきました



暑さが負担になる&そろそろ川遊びの準備の為に順番に散髪です
丸刈りだゾ



ケンもシャンプーは負担だけど、長年洗ってもらってないので湿気を含んだ被毛は重く、暑さも体力を奪うのでバリカンで丸刈りです
お湯で絞ったタオルで拭いてやると気持ち良さそう





毛がある時の最後の姿。



そして、現在。




お~恥ずかし



毛がフニャフニャやし、団子なってるしでうまく刈れずなんかガタガタやねんけども。。。



まぁまぁ、そこは大目に見てもらうとして~。
生まれたての馬の赤ちゃんみたいで一生懸命歩いてます。



本当可愛い



最近はね、甘える気持ちが出てきたので後ろをついて歩き、屈むとペト~ッと胸に顔をうずめてくるんです




愛おしさ500%
クラクラするぜ。
(昭和の歌謡曲的台詞)




また腹水溜まって病院行った時。



お腹にたっぷりで、胸にも少し溜まってきてるみたい。。。
そうなってくると、かなりしんどいらしい




レントゲンから解放されて、こちらへ駆け寄るケン




いっつも前向きなケン。
ほんまに偉いな







ほいで、突然話変わりますけど。。。



放浪してたのを保護されたけど、飼い主現れず殺処分となるコーギーさん。
甥の友人から頼まれて引き受けました。



スペースも医療費も養育費も交通費も。
一人でまかなうには本当はもう厳しい。
とっくに限界はこえてしまってる。
救いたくても救えない子がたくさんいるのに、頼まれて引き受けてたらキリないでと周りの人にも言われます。



あまり無理して、ちゃんと保護した子に向き合えず、しっかりケア出来なければ単なるエゴになってしまうし、家族にも多大な迷惑をかける事にもなる。



けどこの子に、せっかくのチャンスが1%でもある。
このチャンスは誰かが決断しないと一瞬で消えてしまうのかもしれない。
どういうご縁か私にそれが託される事になったなら。



無理してでもYesと言いたい自分もいるし。。。



まぁそれで、なんとかこの年まで生きてるし。。。




結局のところ、家族にも、うちのワンコ達にも、このクリームちゃんにもゴメンなと言うしかないんである。。。



よし、気持ち切り替えていこ。




先生命名~
クリームちゃん



最近、先生なかなか普通の名前つけますやん~。
前はゴボ天ちゃんとか、しなちくちゃんとかやったのに




クリームちゃんは美形やな
でも、フィラリアは陽性
そして採血の時に脚をしつこく持つと噛みにきます
まぁ、先生も看護士さんも慣れてるから「はいはいはい~」と口輪してチャチャっと終わらせてはりましたけども。

万一の事あるし犬に慣れた方にしかお任せ出来ないかな~。



頑張って新しい家族探すからな、あんたもちょいダイエット頑張ってな



しゃーけど15kgはないで、脚に悪いし。




その後、今度は柴犬の男の子。
こちらも放浪からの保護~そして引き受け




ほんま可愛い子で
温厚で気が優しくて。



それでメチャどんくさい
超愛されキャラ君です



迎えに行ったら喜んで「行こ、行こ!!」って引っ張ってくれて職員さんも見送ってくれました
可愛がってもらってたみたい。



預かってくれるのは大阪府高槻市にあるドッグカフェのオーナーです
いつもいつも、無理頼んでも嫌な顔ひとつせず受けてくれてありがと~。



このご恩はいつか必ず~



めちゃ元気に出発したのに、カフェに入るなり腰抜かしたみたい
よぉさん出てくるワンコ達に固まってしまいました






まぁ、ほいでも性格良いし、きっと素敵なご縁が待ってるはずやで



大丈夫、大丈夫



あと、新しくダルメシアンちゃんも来てますねんけど。
後ほどアップする事にしよ




LEY-LINE
http://ley-line.info

















© 「LEY-LINE」. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。