http://ley-line.info 活動の中で時々書き記す日記・・・
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
報告が遅れてすんません。
はじめに。
今回の多頭レスキューの為にたくさん、支援物資を送っていただき感謝です
本当にありがとうございます




ほいで。
ご報告が大変遅れております~
申し訳ない
6月27日からその後。



元の飼い主が9頭を不妊去勢手術せずに返せと言ってきてるって。
どうも本人ではなく周りの繁殖屋と繋がる人物が入れ知恵してるらしい。



はぁ~、どこまでも腐ってるね!
金になるなら1円も無駄にしたくないってか。
お前達には彼らの叫びが聞こえないのか。



お前達には家族や愛する人がいない?
親は?
子供は?
子供の頃の自分に対しては?



恥ずかしいと思わないのか。







まぁ、そんなんどうでもええねん。
動物のそばにいる癖にその魂の叫びすらも聞こえない者に何を言っても、もう無駄だしな。



お前達の心が変わらなくても別に私が困るものでもないし。



でもな。
今の世の中、犬には所有権というものがあり、もう泣いて返してくれと訴えても無駄なんだよ、無駄!
そこんとこ頼むよ~





はい、気持ち切り替えていきますぅ~





ちぃ(地)


くぅ(空)

イタグレさん達。
良いご縁があると良いなぁ
ほんまにええ子やねん。
皆さんどうぞ宜しくお願いいたします



ボルさん達は初めの9頭共に皆順番に検査&不妊去勢手術していってます。




コニーさん。
女の子、推定8~10歳。
何度も出産したみたい。
血小板がとても少なくてすぐの不妊手術は厳しいとの事。
これはフィラリア症が原因かもしれず、それが治療進むことにより改善される可能性もあるので悲観的になることはないそうです。




ラベルちゃん。
女の子、若い。2~3歳かも。
ある方からご紹介していただいた、ある獣医師のご厚意で子宮摘出手術まで無事やってもらったもんね~
出産直後のようです。
1~2週間以内では?との事。
出血が酷く、貧血でした。




てか!その熱き先生の事を本当ならここでご紹介しまぁす!といきたいところなんだけれども。




それが。
その先生がな、名前は伏せてほしいって言われたので書けませんが、それはそれは透き通って向こうの壁が見えそうなほど透き通ってる美しい人でした~。
もう見惚れたもん。ほんま。




心があまりに綺麗なら体も透き通っちゃうんだね~
いやぁ、ほんま写真掲載出来ないのが残念ですわぁ




先生!
このご恩は一生、忘れません




それにしても産後直後やで




子犬の姿はなかった......




隠してんのかなぁ。




それにしても、あれやね!
専門家が見たら出産直後である事や何頭産んだのかも分かるんだね~
凄いなぁ。




皆みんな、最高の預かりボランティアさんの元でめちゃ大事にしてもらって気持ちも体も少しずつ落ち着いてきてる



去勢・不妊手術も進み、お見合いも入ってるゾ~



まず.....
幸せGET第一号さんは!


はい!この男前!
しのぶ君です!!



去勢手術も終わり、肝っ玉母ちゃんとこの子になる事が決まったもんね~





間に入って、里親さんをご紹介してくれた皆で預かり宅にお邪魔してワイワイガヤガヤお食事もいただきました~



ありがとうございました~



不妊手術といえば!!!
この、お方達も済んで、あとは温かい里親様を待っておられます。



皆、良い子やし。
それに画像はないけどボルゾイさんやイタグレさん達と同様、恐ろしいパピーミルから救い出された子なんだ。
そこから助けてくれる人が居なければ、死ぬまであんな地獄の中で。。。



自由を手にする時は「死」を意味するようなそんな儚い命だったんだ。




日向さん
(あー散髪せな)




こむぎさん
(性格花マル!!!)




わかばさん



わかばさんは、手術の朝、ローワンが運んで来てくれたよー




「ベイビーちゃん、頑張っておいでね」とローワンに抱かれてお姫様気分のわかばさん




Blog更新してない間に、こむぎさんにお見合い入って是非迎えたいと言ってくれて昨日、お届けやったわけやねんけども。。。



でも、昨日は私が他の件で終日あかんかったもんやから、お届けはお気楽母と息子が行ってくれたんやで~



助かりました~




あっ!そうそう。
ほいで、ワンニャンプロジェクトさんとこに行ったボルゾイ君達のうち3頭を更にこちらで引き受けることに。



けど、なかなか時間が取れず、急いでたので急遽頼んで隊長が引き取りに行ってくれてほんま助かりました~。




病院で待ち合わせて検査へ。。。




顔の傷が痛々しい。。。



たらいにフード入れてまとめて食べさせてる風やったから、お互い喧嘩しながら食べてたんやろな。
生き残る為に必死やったんやろおなぁ。
これからは自分だけの皿に自分だけのフードを入れてもらってゆっくり食べれるんやで。安心しぃや。




長い期間、不潔な所に潜り込んでいたから皮膚がボロボロに.......




感染性のものではないとの事で良かった




この目を見て
かわいそうに。。。



この子が一番体は大きいけど、一番怖がりでもあるみたい。



だから、ずっと糞尿にまみれた棚の下のジクジクしてたところで身を隠すように過ごしてたもんなぁ。。。



ま、でもきっと楽しく過ごせるようになってくれはるわ!
間違いない!





ほいで、この白っぽい子はかなりの高齢犬や
よく、あの中で生き残ってたよなぁ。



いっつも笑ってる。
あまり気にしないタイプなんかな。
だから生きてこれたのかも。



しばらくの間、居候させてもらうお宅での写真。






お~、なんや後ろ姿やけど嬉しそうなんが伝わってくるやんかぁ~



ここで、しばらくゆっくりさせてもらうんやで~



ほんまに、ありがとう!!
宜しくお願いいたします





LEY-LINE
http://ley-line.info


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

© 「LEY-LINE」. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。