http://ley-line.info 活動の中で時々書き記す日記・・・
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
大助君元気っす
大きな手術を乗り越えた大助君。
元気にしてます


先日行った川遊び。
川は初めての体験だよな~。



ずーっと流れを見つめ続けてた。
なんだと思ってんねやろ。



まだ7歳。
もっと、いろんな経験させてあげたい。
一緒に頑張ろな、大助




スカスカのパサパサやった全身の毛が急に伸びてきて。




なんか、赤ちゃんみたいにフワッフワの
モフモフ




毎日、楽しくてニッコニコやな


毎日のsacoちゃんレイキヒーリングがええのか


毎日のご飯がええのか



毎日のサプリがええのか



それとも毎日のsacoちゃんとのチュッチュがええのか
ま、これはかなり嫌々なんやけれども。






なんや分からんけど、とにかくええ事だけ考えて楽しもな



まだまだ見守ってやってください






奥様の花子さんは、優しい優しいご家族が現れご卒業され



初めて会った時からママにべったり。
甘えん坊さんのはなちゃん



いつも、大助に寄り添いベロベロベタベタと舐めまわして世話してたのに別れはアッサリしてんのよね~
「ばいば~い、がんばってね~」て感じか。
女はアッサリしてんなぁ



里親さま
これから末永く宜しくお願いいたします






ほいで。
大助達、お父ちゃん、お母ちゃん、娘というファミリーやったけども。







またまた、ファミリー登場




お父ちゃんと息子。




で、お母ちゃん。



友人のご近所で元飼い主さんが会社倒産で5月中に出なければならず、と友人に相談が。。。
その友人からの依頼で。。。




ゴールデンと黒いゴールデンて。
フラットちゃうん?て聞いてもフラットではなく見た目はゴールデンで黒いねんて




そんなんおらんしぃ~





なんかよぉ分からんけど、年齢も息子2歳くらいで、親は5歳くらいというし会ったことはないけど大丈夫かなと引き受けることに。







会ってみると。
確かに黒いゴールデンやな








本人は可愛がってたと言うけどー。











めっちゃ汚いやんかぁ




散歩は?と聞くと引きずられるから行けてないと。




フィラリアは?と聞くと、ウンコに虫出てないから大丈夫ちゃうかと。



フィラリアという言葉知らんかったみたい。



最初の検査とワクチンの費用は支払ってもらう約束だった。



ほんまは、飼い主さんがやらなければならない事はやってもらってから引き取るか、こちらで全部やるならその費用は支払ってもらわなあかん。
保護したら早速1頭、だいたい最低でも2~3万円は必要になる。
何か治療しなければいけないとなるともっともっとかかる。
で、不妊手術なんかも大型犬となると数万円が必要になる。




それをうちはお手上げだと言われて、救いたいあまりに安易に手を出すのは簡単な事やけど、それではあかん思うから。



引き取りに行ったり運んだりするにも交通費かかる。
まだ馴染まない間は仕事よりなるべく目を離さず過ごさないといけない。



それでも、もし、もし、里親さんが見つからなければ生涯自分の責任で育てていかなあかん。
そんな覚悟でわたしらは動いてる。
それがどれだけの時間とお金をかけていかなあかんことか。
気持ちだけでは何もできん。









けど、けど。
それより大事にしたいこと。



それは家族から、もうお前と暮らすのは無理だと、よそへ行ってと言われるその子の気持ちになれば、次の家族が見つかりやすいように、最低限の保護者としての責任は果たしてもらいたい。
いや、それが本人にとって出来る限りの物をもたせて嫁に出すような。
無責任に人に押し付けたのではなく、気持ち精一杯のことやったと思わせてやりたい。
そんな風にも思ってんねん。





そやけど。。。





その飼い主は約束の日に持ってこず、明日必ずすぐ振り込むと言ったけどそれもなかった。。。




最初から、無責任に押し付けるつもりだったのか。




最初から、この子達にお金かけてる様子もないし。




最初から、番犬くらいに思って散歩なんてサラサラ行く気なく会社に繋ぎっぱなしにしてたんかな。




あんたらにしたら、自分の子達だけやんか。この子らにしたげる最後のことやん。




たったそれだけの事がなんで出来んのん。




結果、新しい家族のもとで幸せになれるんだからええやんって思おうとするけど。
なーんか虚しいな~って。




この子達は、どんな家族でもきっと家族だと思って過ごしてきたはず。
どんな事情でも、この子らには本当は関係のないことやし。




わたしだって、突然の事情で家族と暮らしていけない事があるかもしれん。
誰かに助けを求める日がくるかもしれん。
誰にでも、まさか、ということが起こるかもしれん。




けど、自分が家族にと迎えた子やん。
最後の最後の最後。
自分の出来る限りのことをやってあげたいよね。




ありがとう、のかわりに。。。








あ、なんか暗い話になってしもたやんかぁ。
次回は明るい話題を







LEY-LINE
http://ley-line.info

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

© 「LEY-LINE」. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。