http://ley-line.info 活動の中で時々書き記す日記・・・
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
多頭飼育からのレスキュー
毎日バタバタで、こんな時に限って仕事が忙しかったり息子が高校入学だったりして.......。
更新できずすんません





なんやかんやこんな言い訳しながら。





3月16日
家族や仲間に祝ってもらい私も46歳になった。
皆んな、改めてほんまありがとう~
気持ちは20代。
精神年齢は10代かも。





しか~し。
気持ちが若けりゃいいのよで片付けられんこともいっぱいある。
いや、その方が多い。
ずっとなんとかなるやろ、て甘い考えでいたけど。
父の死から、自分が死ぬ時のことも考えるようになった。




自分自身の人生の終わり方も考え、そこへ向けて備えていかなあかんねんけど。
自分の人生にはちゃ~んと自分で責任取りたい。




でも。
もっと近い未来が見えない子達が多過ぎて......。
夏が来る前になんとかしなきゃ.....。




明日も分からない子達。










あ、そうそう。
このレスキューに関わったのは3月16日やねん
ま、それで誕生日の話からスタートしてんけどね。
日が経ち過ぎて簡単に紹介させてもらいますぅ







現場はちょっと田んぼ道通るけど普通に住宅が立ち並ぶところ。
小さな窓はあるけど殆ど陽が入らないような倉庫。。。
昨年、繁殖場から保護したけど数が多過ぎて世話が出来ず崩壊。。。
てことらしい




170頭もいたそうで、地元ボランティアさん達がかなり走り回り、私達が行った時には130頭くらいやったんかな?





地元のボランティアさんが仕切って、繋がりのある団体さんやボランティアさんへ移動していく.......
そしてついに全頭なんとかなった
素晴らしい
仲間って本当大事やね





LEY-LINEでは13頭の引き取り。





がんばれ~





今からサッパリするで。






ぐったりしとんなぁ~
大丈夫か~





順番に綺麗にしてもらって~







実はこの日。
プロのカメラマンさんのご好意で募集用の写真を撮ってもらえることにぃ






なんか、いっぱい訴えてるなぁ~





男前やよ





この子、現場で人のそばに寄りたいのに手を出されると怖くて逃げてた子。
足先が欠損してるとこあり、先生に聞いたら小さい頃に何かにパッチーンと挟まれたんちがうかなて。。。

でも、生活に問題は全くありません





まるでモデルさんやでぇ
里親さん決定してます






ヨーキーのモモちゃんは誰よりも早く里親さん見つかって卒業しはってんけど......
その後、妊娠が発覚




里親さんと相談して、いけるとこまでお世話してくれることに。
でもお留守もあるので不安ってことなんで近くなったらしばらく預かります。
まぁ里帰り出産ってとこやな。




みんな、無事に生まれてきてくれることを祈ります






ほいで。
同じ日に別の現場から引き取ったバーニーズ君。


おぉぉ~
おっとこまえやなぁ~





昨年秋より我が合宿所にて居候中のヨシツネ君は4文字名前呼びにくいので、ヨシオッて呼んでます。
なので、この男前君はもちろん「のりお」しかないでしょ。
のりおよしおですわ。




しかし、のりお君に初日から噛まれかけるという.........
聞けば、女の人があかんねんと。。。
あらま
そこ早よ言わんかいな。






んんん~今はまだ無表情でどこにスイッチあるか分からん~。






で、とりあえずマズルガードつけてのバリカン。。。
ちょい我慢してなぁ~




我が家でも数日間はやっぱり、事あるごとにガウッ!!て言うてたけど。
でも、だんだん本気では噛まんな、ってのも分かってきたし。




1週間か10日くらいで夜は布団の足元で寝るようにもなったし甘えて抱きついてくるように




半月ほどでハウスも出来るし、ご飯の時に触っても平気やし、足も触らせてくれる
もう絶対に噛んだりしないと確信
ただ、嫌だという意思表示やったんやね。
はぁ~良かった





ほんま偉いなあ~





その頃からよしおと抱っこの取り合い




よしおが教えてくれたんかもね。
心配いらんよって。
よしおも夢八君に教わったもんね。




うちに来る子達には、私はなんも教えたりトレーニングとかしない。
普通に生活するだけ。




でも、先にいる犬達が教えてくれてるみたい。
ほんまに利口な子達やわ。



のりおは7歳だけど、まだまだ元気。
でもバーニーズのオスってことでやはり気になるのでレントゲンも。
けどなんともなかった。
是非、温かい家族からのお迎えをお待ちしてます








ほいで。
続きまして~。



どひゃ~





ご夫妻です。






オーノー!






顔に傷がいっぱい。
若い頃はブイブイいわしていたことが想像される旦那さん。
大助君と命名。





そして奥様。
かなりお疲れの様子でした。
花子さんと命名。





ま、のりおよしおってきたから?
大助花子。みたいな?
な?
な?





その後、ここのファミリー娘さんも来て、さゆみちゃんとかにしよかなぁ思ったけど。
この子はマリンちゃんって名前もあって認識もしてるから、そのままに。
だって里親さんとこでまた名前変わるしややこしいもんね~。






ベッピンさんのマリンちゃん






大助花子ご夫妻は7歳。
マリンちゃんは5歳ってことです。




バーニーズで7歳になると、やはり腫瘍系が心配なわたし。
大助花子ご夫妻もエコー&レントゲン撮ってもらいました。
結果、花子さんは何も問題ないけど大助の脾臓に大助の頭くらいの大きな大きな塊が。。。。。
痩せてるのにお腹ぽっこりで腹水たまってるんかなぁと思ったのは水ではなくこの腫瘍だったんや。。。
これが破裂したら大変なので切除してもらうことに。
取った物は恐ろしい物やったわぁ。
とてもここにアップはできない




病理検査にも出してもらったら進行の早い悪性度の高いもので、今後、肝臓や肺への転移を気をつけなければならないそうです




それと、後ろ足に筋肉全くなくプランプランしてる。
これは元々股関節形成不全やったんを放置して数年が経ち、関節がすり減ってはまる部分が皿のようになってるので慢性的に股関節脱臼状態らしい。
それでもピョンピョンッてうまいこと歩くから、少しずつでも毎日歩いて筋肉つけとこ。
前足も鍛えとかな。




どれだけ一緒に過ごせるか分からないけど、精一杯穏やかに、美味しい物食べて笑っていこうな



LEY-LINE
http://ley-line.info





昨年より大きな手術が続き経費がかなり逼迫していたところへ、今回の多頭飼育崩壊現場やまた大型犬達のレスキューがあったことをキッカケに今後の活動について考えさせられました。

常々自分自身のキャパは理解していないと保護した子への責任を果たすことも出来ず、人に迷惑ばかりかける。
でも、放ってくることも出来ない。
今までのやり方では続けていくことが難しいと感じてます。


今回、Facebookのページにてご支援のお願いをしました。
たくさんの方から手を差し伸べていただき多頭崩壊の子達へのケアや大助の手術も無事に終わらせることができました。
心より感謝してます。





page top
お届けって本当幸せ♡
初の石川県~!



お届けしたのはビアンカ改めゆずちゃん


保護してトリミングから戻った時。




寂しがりやのゆずさん。




生まれたのは手術を怠りどんどん増えてゴミ屋敷のような個人宅。
はじめから多頭で、飼い主は全く世話をする気がなかったようで初めてビアンカを見た時は毛玉が歩いていたようだったけど......。




多頭で育ったから先住のワンコがいる方がええのかなぁとか思ってたけど。




そうではなく、ゆずさんは今度こそ自分だけを見てくれべったりと甘えさせてもらえる方が幸せみたい
やっぱり環境とかよりその子の個性や求めてる心の声に耳を傾けないとあかんっちゅーこっちゃやなぁ~




んで、そんなピッタリのご家族が迎えたいと連絡くれた~





まぁ、そんなわけで石川県なんやけど。





この冬は雪があまり降らず、ソリ遊びに飢えてた私とRowanは石川県からの帰り道、どこか遊べるとこがあるのでは?!と期待し一緒に行ってくれてんけど.......





雪は皆無
んんん~残念~~~




でも途中のSAで犬達を休憩させたりするのも毎回ひとりで大変やけど、今回Rowanが一緒やったから余裕
本当ありがとね!





広くてすいてるランがあって良かった




ゆずさん、すっかりRowanの虜に......





よっちゃんはsacoさんから離れないから自撮り





修学旅行で岐阜県へスキーに行くねんという美容関係の専門学校生の皆さんにナデナデ可愛がってもらって~





少しだけ、日本の動物たちの現状の話とか出来た
ビアンカは今日、卒業するんだよって伝えたら。






良かったね~
幸せになりねって。





ちょいビビリながらも嬉しそう




良かったなぁ






新しい家族のもとですっかり寛ぐゆずさん





いついつまでもお幸せに~










ゆずさん達の兄弟。
同じところからレスキューされた男子組。





ニコ君と。





サイ君改め春君。




どちらもレスキュー後、早々に馴染んだ女子組とは違ってなかなか人に対するトラウマが激しく難しかったんだけど。




無事、スピード卒業なさいました




あまり人馴れしてない子を家族に迎えてくれる優しさが嬉しくて。




なんとも言えないあったか~い気持ちになるんよね。




里親さんの勇気に感謝







ニコ君のお届けは舞鶴。
またまた皆んなと行って帰りのSAドッグランで遊んでたら。





遊んでたら





小雨降る中、向こうから合羽着せてもろてトコトコ歩いてくるラブさんが。






フェンス越しに「入られますかぁ~?」て聞いたら
「いえいえ~トイレさせようと思っただけなんでええですよぉ~」て。

「それにしても多頭飼いですね」
て聞くから
「いえいえ~。新しい家族募集中の子ですよ」て言ったら
「うちの子も元保護っ子でボランティアさんから譲り受けた子ですよ」て。





あらま~そうなんだ





聞けば有名な団体さんからの子だった
保護当時のことや、迎えられた頃の話を聞いてたらなんか嬉しくて嬉しくて涙が出てきた。




LEY-LINEからでなくても、こうやって沢山の人の想いで命繋がり幸せになってる話を聞くとやっぱり感無量で、ジーンとくるだよね~。




こう見えてくじけそうになる時もあるし、経済的にも気持ちもいっぱいいっぱいで泣きたい時も山ほどある。





でも、殺されていたかも知れない命がこうやって幸せになってる姿を見ると、ああぁ~何があってもコツコツでも続けよう。
って思う






ずっと幸せで長生きするんだよ。





ほいでから。




ボランティア仲間の友達から預かった花ちゃん




花ちゃんも高齢のようで里親さん見つかるのは時間かかるかもって思ってたけども。




たまたまのご縁ですぐに迎えてもらえることに。

ワオ~ッッッ
ご卒業おめでとうございます




花ちゃんは
三重県っ子になりました






ママ、ありがとう。
よろしくね。
と言ってるとしか思えない
素敵写真だわ~




ほいで、ほいで。
新入りさん、いらっしゃ~い





ダックスさん。





ほいでもいっちょダックスさん。






ほいでからチワワのおっちゃん




この子達はいつもの綺麗なお姉さんとこに預かってもらうこと決定~
お姉さんとこはそう遠くはないけど渋滞するとこ通らなあかんくて、搬送だけでもメチャ時間かかるから検査等も代わりに行ってくれるのでほんま助かる~~~
宜しくです

Blogはこちら。
http://s.ameblo.jp/wag0305/





ほいで。



黒ラブmixこたろう君。





チワワさん。





もいっちょチワワさん。






更にもいっちょチワワさん。





ほいでからトイプーさん。




8頭のご参加でございます
また素敵ご縁お待ちしちょります









LEY-LINE
http://ley-line.info

page top
3月になってしまいました
新メンバー紹介したけども!
どんどん新しい家族が決まっていき。




アニサリコンビも、ゆきちゃん&こまちちゃんというお名前いただき早くも新しいお家で馴染んでる様子






ケアファミリーさん宅でまったり過ごしていたコニーたんも。
新しいご家族が決定





お届けの日。


またまたケアファミリーとしてコニーさんをお世話してくれたブラピ&アンジーご夫妻から里親さんへ花束をと...。





前回のエレノアの時は薔薇
今回はチューリップ




で、ブラピ&アンジーからね。
「sacoさんにもついでに」ってまたもらっちゃった
可愛く「ついで」て言われると不思議ときにならんもんやね。




チューリップと言えば!!
チューリップとい・え・ば
誰が言ったか知らないが...




昔、わたしを花に例えるとチューリップだと言ってくれた人が
誰やったっけ~











あら、なんやの。
その反応。




嘘や思てるやろ。
ほんまやで。




ブラピ&アンジーご夫妻にも「わたしってチューリップっっって感じするやろ」て遠慮がちに確認してんけど。




何故か二人とも「んんん~~~」て。






おかしいなぁ。。。






ほれ、ほれ。
この可憐な感じが




ほれ、ほれ











..................。




ま、ええわ。
自宅の瓶に入れて今は亡き子達の写真の前に飾らせてもらお~




いつも、ほんまにありがと







ほいで、ほいで~
おめでとうが続いていますが





またしても。





黒ラブmixのおばあちゃん。
この子は看取り覚悟で個人的に引き受けた子。
ライラにそっくりだったからね。
でも14kgほどの小さい子




耳が酷い中耳炎か内耳炎で、何かが腐ってるみたいな臭いしてる
薬で治らなければ手術かも~。





ほいでから。




この子は繁殖場からのレスキュー。
帝王切開の傷跡が数カ所。




こんな小さな体で何度も出産したんだね





早く幸せ見つけてほしい




ほいでから。


ダックスの赤ちゃん。
まだ2ヶ月ほど。





右前足が生まれつきないの。
それでも力強く健気に生きてます





ほいでよ~。


凛とした瞳の赤ちゃん。
まだ4ヶ月。
女の子



怖がりさんで、抱っこやリードなど慣れてないからこれから練習かな。



この子はアニサリコンビをケアしてくれてたお宅にお世話になることにー。



日々の様子はこちらから
http://ameblo.jp/vivi-sara/




ほいで、ほいで。


デカイけど優しくて本当、温厚な子。
ハヤト君。



アニマルコミュニケーションの師匠が車で走ってると助けを求めて寄ってきたんだって。
当たり前のように車に乗り込んだらしいから不思議。
でも師匠の家ではずっと預かるのは難しいってこちらに相談が。




首まわりが小さくなった首輪をずっとつけっぱなしにされてて、毛や首の皮膚がひどく傷んでる感じ。




それに、状況的にも、師匠の感覚からいっても遠くから車で連れて来られて、あの場所に置き去りにされたのでは、と。





ほんまにえらい目に合ったなぁ。。。




ええ家族見つけてあげるしな。
心配せんときな~。




ほいでから。


ゴールデンの女の子。かりんちゃん。



この子はさっさとアップせん間にトライアル決定してもう卒業した




ほいで。


この子と。






この子。




兄弟と思うー。
ある個人の家で、数頭の小型犬を手術もせずに飼っててどんどん増えてしまったというパターン。




これほんまに多発中。




きっと全くケアされずネグレクト状態なんかな。
こういうところから来た子達は最初は酷く怯えて触ることも難しい。
でも時間をかけてゆっくりゆっくり慣らしていけば全然問題なく過ごせるし、本当は甘えん坊さんみたい。




どちらも3kgほどの小さな子で。
顔なんて片手で掴めるほど小さくて。
どんなくらいて言われると難しいけど、だいたい夏みかんくらい




推定3歳くらい。





こんな小さい体で精一杯生きてきたから目は無垢な感じではなく、自分をしっかり持ってる感じがするなー。



今まで、誰かの腕の中でスヤスヤ眠ったり安心してお腹出して撫でてもらったり。
私みたいにガーガーいびきかいて爆睡することもなかったんやろなー。




これから、一生懸命いびきも覚えるんだゾ
教えちゃるけん。





温かいご家族からのお迎えお待ちしておりま~す




LEY-LINE
http://ley-line.info

page top
クヨクヨしていられない!新メンバー参上!
ダニーとのお別れが信じられなくて、まだ夢みてたみたいな気分なんやけど。




それでも、繋げたい命が溢れかえっていてダニーに背中を押される感じで今日も新メンバーさん





まず.....




フレンチブルドッグの女の子。
推定5~6歳。
フィラリア弱陽性。


子宮蓄膿症の初期の段階のようなので明日の手術を予約。
手術が終わったらケアファミリーさん宅に移動っす~
エレノアを預かってくれてたブラピ&アンジーとこやで


移動後はこちらをご覧くださいませませ~
http://olivelagoon.com/




ほいで、こちら。



チベタンスパニエルの男の子。
3歳くらい。
フィラリア陰性。



とっっっっても良い子
こりゃすぐ新しい家族が見つかりそーやな



このチベタンはお気楽ファミリー宅でお気楽修行を受けることに
んんん~楽しみ

http://s.ameblo.jp/donna-sorademo/








ほいで。



パグのシロちゃん。
推定5~6歳。
フィラリア陰性。





パグのクロちゃん。
推定5~6歳。
フィラリア陰性。



パグちゃん達は仲良しさんなので同じお宅にお世話なるんやけど、ええんかいな~。2頭も。。。
大変やったら遠慮なく言うてやぁ~


こちらを確認
http://ameblo.jp/vivi-sara/




皆んな、長距離ドライブで大阪ついて、そっから病院で検査やらワクチン。
文句のひとつも言わずにお利口やなぁ。




さぁ
それぞれのケアファミリーさん宅へしゅっぱーつ!と思ったけどsaco家の子達のお世話もあるのでやはり一旦帰ることに~




散歩行ってご飯して、ちょっと遊んで...
てしてから今度こそケアファミリーさんとこ行くで~。
いつもより短くてほんまごめんなぁ。



ほいで。
これで最後



お気楽母の車に乗っけて終わり~




ありがとうな~
ほんま心強いケアファミリーさん達がいっぱいでありがたい



ありがと~




では、よろしくお願いいたします




LEY-LINE
http://ley-ine.info



page top
さよなら大福くん
ずっと新しい家族を探してきたダルメシアンの大福君が昨晩逝ってしまいました。
小さくなって我が家に.....。





お葬式にはRowanママもRowanも隊長も、そして大福の名付け親でずっとサポートしてくれたチョチョママも来てくれて皆んなで送り出したよ。





死因は不明。
ケアファミリーのRowanママがすぐ病院運んでくれたけど間に合わなかったて。
前にレントゲン撮ってるけど何もなかったし、これからがスタートだと信じていたのに。
先生が言うには血液の病気だったとのこと。見つけられずごめんね大福。
ごめんね。





本当に何がなんだか。。。





大福は多頭飼育で世話が出来ておらず、友人がレスキューしてくれた子。





うちに1カ月ほどいて、Rowanとこで5ヶ月。とても良い子で皆んな大好きだった。家族が見つからないのが不思議で仕方なかったけど数日前にやっと会いにきてくれる人がいてお届けも決まっていたのに。
とても温かいご家族でこれからどんな楽しいことがあるかワクワクしてたのに。




本当に残念。




でも、クヨクヨしてももうあの子はいないし出逢えたことに感謝しよう。





ダニー。
いつも明るくて穏やかで誰とでも仲良くできて最高の犬だったよね!






レスキュー前。
友人からの画像。





到着した日。











体中、カユカユだった日々。





でもいっぱい愛されてどんどん楽しいこといっぱいして綺麗になっていってくれたダニー。

































ありがとうね!
また会おう!











LEY-LINE
http://ley-line.info
© 「LEY-LINE」. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。